[図説スウェーデン]①豊かな国



資料:World Bank, World Development Indicators

2015年におけるスウェーデンの1人当たり国民総所得(GNI)は57,810ドル、同年の日本円換算で約700万円で、世界7位。トップ10位を見渡すと、ノルウェーを筆頭に北欧諸国が4つを占めています(ちなみにフィンランドは15位)。

他方、日本は36,680ドル(約444万円)ですから、スウェーデンの豊かさは日本の1.5倍以上ということになります。スウェーデンは日本よりも物価水準が高いので、実際にはそれほどの差は感じませんが、スウェーデンが豊かなことは疑いありません。


資料:OECD, OECD Data

日本とスウェーデンの経済成長率を比べてみると、1970年代、1980年代までは日本がスウェーデンを概して上回っていました。ところが1990年代前半を境にして、この20年間はスウェーデンの方が概して上回っている状況が続いています。

過去10年間(2006年~2015年)の平均成長率を見ると、日本の0.5%に対してスウェーデンは1.9%。ちなみに同時期のアメリカとドイツの平均成長率は1.4%、ユーロ圏は0.7%ですから、日本ばかりでなく他の先進諸国と比べても、かなり安定した成長力を維持していることがわかります。