[図説スウェーデン]②ビジネスに適した国



資料:Forbus

アメリカの雑誌フォーブスが毎年発表している「ベスト・カントリーズ・フォー・ビジネス」ランキングで、スウェーデンは139カ国中、トップの評価を受けました。

この指標は、財産権、革新性、税制、技術、汚職の少なさ、自由度(個人、貿易、金融)、官僚主義のなさ、投資家保護、株式市場の11項目の評価を総合したものです。スウェーデンはこのうち7項目で10位以内に入っており、企業が活躍しやすい環境をまんべんなく整えているのが特徴です。

10年前の2006年、スウェーデンの順位は17位でした。しかしその後に順位を上げ、前年が5位で、今年は初めてトップになりました。

ちなみにランキングの上位には、6位のデンマーク、8位にフィンランド、9位にノルウェーと北欧諸国の進出が目立ちます。これに対して日本は総合順位で37位と、先進国としては、かなりの遅れを取っています。