スウェーデン社会研究所とは


一般社団法人スウェーデン社会研究所のご案内

一般社団法人スウェーデン社会研究所のご案内(pdf版)

当研究所は、1968年10月の創設以来半世紀にわたり、日本におけるスウェーデン社会の研究において、中心的な役割を果たしてまいりました。スウェーデンの社会を様々な角度から研究し、日本社会の発展に資するよう、いわゆる「学会」のような排他的な集まりにはせず、両国の社会に関心を持つ一般の方々が集い、その知を結集できる場になるよう努めています。なお、英文名を「Japanese Institute of Scandinavian Studies」としていますが、ここには「スウェーデンを関心の中心としつつ、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、アイスランドといった、その周辺の北欧諸国にも視野を広げる」という意図が込められています。

現在の当研究所の主な活動は、以下の3つです。

  • 東京都港区六本木のスウェーデン大使館における研究講座の主催(年間5~6回)
  • 会員メーリングリスト・年末パーティーによる会員相互の情報交換
  • 年2回の所報の発行と、そのバックナンバーを含めた情報公開

なお、研究講座は、非会員にもオープン参加を認めていますが、その場合には入場料(一般1,500円、学生1,000円)をお支払いいただきます。年末のパーティーは会員のみ参加できます。

また、研究講座の広報と、会員からのお知らせのため、非会員向けの無料のメーリングリストを開設しています。

所報は電子出版(pdf形式)で、発行時にメーリングリストを通じて配布いたします。ただし会員は、創刊号からのバックナンバーをホームページよりダウンロードすることができます(初回にユーザー登録が必要となります)。

【年会費】(2017年4月より)

個人会員:  6,000円

学生会員:  3,000円

法人会員: 36,000円

皆様のご参加を、お待ちしております!


沿革

1967年8月 東京・国際文化会館で設立決議。
会長:松前 重義、理事長:大平 正芳、所長:西村 光夫
同年10月 スウェーデンよりクリスティーナ王女の臨席のもとに開所式。
1968年10月 外務省所管社団法人の認可。
2002年4月 瓦林聖児理事長・須永昌博所長による新体制の発足
2014年4月 内閣府一般社団法人の認可
2015年 鈴木賢志が代表理事に就任(6月)、須永所長の死去に伴い所長を兼務(11月)し、現在に至る。

【理事・監事一覧】

代表理事 鈴木 賢志 明治大学国際日本学部教授
理事 松前 達郎 東海大学総長
理事 後藤 亘 (株)エフエム東京名誉相談役
理事 池田 研二 元東海大学教授
理事 ホーヌマルク紀子 ホーヌマルク(株)取締役
理事 野崎 俊一 特定非営利活動法人地球の木理事
理事 岩崎 哲郎 茨城キリスト教大学教授
理事 藤井 統司 インターアソシェイツジャパン社長
理事 宮田 宜子 カールラーション友の会代表
理事 米村 紀幸 共同通信エンタープライズ取締役
理事 村田 訓吉 再生可能な未来代表
理事 水野 恵子 名古屋芸術大学 非常勤
理事 松井 直紀 (株)ヒューマン・ヘルスケア・システム代表取締役
理事 南 富貴子 毛利まこ演劇研究所主宰
理事 西野 弘 (株)プロシード代表取締役社長
理事 村田 佳壽子 環境ジャーナリスト
監事 川崎 一彦 東海大学名誉教授

● 定款最新版

● 平成27年度収支決算、貸借対照表、備品台帳