本研究所では、駐日スウェーデン大使をお招きしてのご講演が毎年の恒例行事となっております。今年は2014年9月のご就任以来、はや2年9カ月を過ごされたマグヌス・ローバック大使に、スウェーデン社会の近況や、大使として日ごろお感じになっていることをお話ししていただきます。
多くの方のご参加をお待ちしております。

● 講師 マグヌス・ローバック大使(英語)
● 通訳 鈴木賢志(明治大学教授/一般社団法人スウェーデン社会研究所代表理事・所長)
● 日時 2017年6月8日(木) 午後6時~8時(5時半開場)
● 場所 スウェーデン大使館1階ノーベルオーディトリウム
● 参加料 研究所会員は無料 一般 1,500円、学生 1,000円(当日受付にて)※今年度より料金が改定されました。

【今後の研究講座(予定)】
第199回 2017年8月31日(木) 森元誠二 前駐スウェーデン日本大使 『スウェーデンが見えてくる:「ヨーロッパの中の日本」』


 近年は毎年恒例となっておりますが、ソルトレークパラリンピックの銀メダリストで早稲田大学への留学経験もある、スウェーディッシュクオリティケアのエーミル・オストベリさんに、スウェーデンの障がい者福祉に関するお話をいただきます。
今回は特に、医療行為が必要な重症心身障害者に対する支援策と課題ということで、就学前教育や学校教育も含めて、ノーマライゼーションを実現できるためにどのような支援が行われているのかについて、主に焦点を当てます。

多くの方のご参加をお待ちしております。

● 講師 エーミル・オストベリ 氏 ※講演は日本語です。
● 時間 午後6時~8時(5時半開場)
● 場所 スウェーデン大使館1階ノーベルオーディトリウム
● 参加料 研究所会員は無料 一般 1,500円、学生 1,000円(当日受付にて)※今年度より料金が改定されました。

【今後の研究講座(予定)】
第198回 2017年6月8日(木) マグヌス・ローバック大使ご講演


 スウェーデンは、世界で男女平等が最も進んでいる国の一つと言われます。スウェーデンの国で暮らしていると、確かに男女平等だな、とも感じられますし、まだまだ女性の方が険しい道を進まねばならないのだな、とも思います。実際に生まれた時からこの国に暮らしているスウェーデンの人たちはどう思っているのでしょうか?
 子どもから大人まで12人のスウェーデン人と、スウェーデン企業の日本支社で人事に携わる日本人女性にインタビューしました。彼らの答から導き出されることは、システムが整っていても臨機応変の対応が必要なこと、男女平等をより浸透させるには社会のいろいろなところで意識的な働きかけが必要なことなどです。それらを踏まえてスウェーデンの男女平等の現状についてお話ししたいと思います。

多くの方のご参加をお待ちしております。

● 講師 三瓶 恵子 氏 
● 時間 午後7時~9時(6時半開場)※通常より1時間遅くなります。
● 場所 スウェーデン大使館1階ノーベルオーディトリウム
● 参加料 研究所会員は無料 一般 1,500円、学生 1,000円(当日受付にて)※今月より料金が改定されました。

【今後の研究講座(予定)】
第197回 2017年5月10日(水) エーミル・オストベリさんご講演(スウェーデンの保育、特に障がいのある児童のケアについて)
第198回 2017年6月8日(木) マグヌス・ローバック大使ご講演


JISS会員の皆様

平素は本研究所の活動に対し格別のご支援を賜りまして、誠にありがとうございます。
さてこのたび、本研究所の創立50周年事業の1つとして、1968年1月の創刊号から現在の第375号、約5,000ページに渡る研究所報のバックナンバーをウェブ上で閲覧できるようにいたしました。なお本事業においては、本研究所で長らく会員をされている坂田仁様より大変貴重な所蔵資料のご提供をいただきましたことをご報告させていただき、厚く御礼申し上げます。

閲覧方法
ホームページにメニュー表示されている「JISS所報」をクリックすると、年代別の所報の目次を閲覧することができます。
さらに所報をダウンロードするには、ホームページのユーザー登録が必要になります。上記メニューの「ログイン」をクリックしていただき、指示にしたがって必要事項をご記入の上、送信してください。事務局にて有資格者(会費を適切に納入された会員)であることを確認したのち、本登録手続き完了のメールをお送りいたします。
なお、最近の所報の閲覧用にこれまでお知らせしていた共通ユーザー名とパスワードは無効ですので、あらかじめご了解ください。

JISS所報創刊号(1968年1月)

過去50年に渡る、日本人のスウェーデンおよびスウェーデン人に対する関心の変遷と、両国関係の振興に努めた方々の情熱をうかがい知ることのできる貴重な資料ですので、ぜひ多くの方にご覧いただければと思います。

一般社団法人スウェーデン社会研究所 代表理事・所長
鈴木 賢志


第371号(2016年1月)
【第179回研究講座 2015年10月26日】「ソフトサイドからのスウェーデン~子供の思いやりの心を育てお年寄りに癒しを与える人形」デザイン・ルーベンス・スウェーデン㈱社長 清水 照子・ワールストローム
【第180回研究講座 2015年11月24日】「スウェーデンの至福の園から学ぶ~市民農園と福祉」日本市民農園連合会会長、NPO法人千葉県市民農園協会理事長 廻谷 義治
【第181回研究講座 2015年12月17日】「スウェーデンのケアの概念としてのオムソーリ」福祉勉強会ホスピタリティ☆プラネット代表 藤原 瑠美 博士(医療福祉ジャーナリズム学)
第371号(2016年1月)

第372号(2016年4月)
【スウェーデンの点描】ロイヤル・パレス・スプリント
【第182回研究講座 2016年1月20日】「スウェーデンの保育は世界の保育モデル~制度・歴史・保育実践について」水野 恵子
【第183回研究講座 2016年2月22日】「スウェーデンの小学校社会科教科書-日本とは何が違うのか」明治大学国際日本学部 鈴木賢志ゼミ
【第184回研究講座 2016年3月30日】「環境ジャーナリストが見た幸せの国スウェーデン~日本とどこが違うのか?~」村田 佳壽子
第372号(2016年4月)

第373号(2016年7月)
【スウェーデンの点描】ルーフトップ・ハイキング・ツアー
【第185回研究講座 2016年4月21日】「スウェーデンの税金は本当に高いのか」早稲田大学政治経済学術院教授 福島 淑彦
【第186回研究講座 2016年5月16日】「認知症ケアと高齢者福祉〜スウェーデンモデル〜」エーミル オストベリ
【第187回研究講座 2016年6月9日】「スウェーデンと日本の関係~移民・難民政策を中心に」駐日スウェーデン大使 マグヌス ローバック
第373号(2016年7月)

第374号(2016年10月)
【スウェーデンの点描】Fika(フィーカ)
【第188回研究講座 2016年7月21日】「ここがもったいないよ 日本」ダビド・ヘルシン(David Helsing)
【第189回研究講座 2016年8月29日】「スウェーデンへの留学で得られたもの」平本 嶺王、境澤 穂波、鈴木 智絵、樋口 美玲 
【第190回研究講座 2016年9月27日】「スウェーデンの憲法」山岡 規雄
第374号(2016年10月)

第375号(2017年1月)
【スウェーデンの点描】聖ルチア祭
【第191回研究講座 2016年10月28日】「スウェーデンテニスに学ぶ-これからの日本のテニス-」ボディープラスインターナショナルHALEOテニスディビジョン・日本体育大学大学院 佐藤 ⽂平、専修大学スポーツ研究所 佐藤 雅幸、仙台大学 佐藤 周平 
【第192回研究講座 2016年11月22日】「リーディングドラマの夕べ〜『令嬢ジュリー』A・ストリンドベリィ作」毛利 まこ、溝口 園枝、石塚 瑛資 
一般社団法人スウェーデン社会研究所 臨時総会および年次懇親会
第375号(2017年1月)

第375号(2017年4月)
【スウェーデンの点描】スウェーデンの人口が1,000万人を超えました
【2017年1月研究講座】「働き方4.0」 泉川玲香 イケアジャパン人事本部長、川本浩史 富士ゼロックス研究技術開発本部研究主幹、川崎一彦 東海大学名誉教授、司会:米村紀幸理事
【2017年2月研究講座】「スウェーデンの移民問題」明治大学国際日本学部鈴木ゼミ
【2017年3月研究講座】「スウェーデンの絵本」エマ・ヴィルケ(Emma Virke) 絵本作家、通訳:喜多代恵理子会員
第376号(2017年4月)