コンテンツへスキップ

 昨年英語に翻訳された Claudia Wallin 著「Sweden -The Untold Story」(2014年にポルトガル語で出版され、ブラジルでベストセラーになる)の日本語版「あなたの知らない政治家の世界-スウェーデンに学ぶ民主主義」の出版(11月末予定)を記念し、著者の Claudia Wallin 氏をスウェーデンから招いて講演会を行います。この機会に民主主義とは何か、民主主義が機能するには何が必要かを考えてみませんか? (English with Japanese translation 言語:英語、日本語通訳あり)

● 日時 2019年12月3日(火)19:00-20:30 (18:30開場・受付開始)
● 場所 スウェーデン大使館1階ノーベルオーディトリウム
● 参加料 無料(ただし登録が必要です。https://democracy.confetti.events/ よりお願いいたします。)
● プログラム
【開会挨拶】スベン・オストベリ参事官(スウェーデン大使館)、鈴木賢志教授(明治大学国際日本学部教授・一般社団法人スウェーデン社会研究所代表理事)
【講演】 クラウディア・ワリン(通訳:アップルヤード和美) その後、質疑応答

【Claudia Wallin 著「Sweden -The Untold Story」のご紹介 日本語版/英語版】
 スウェーデンが人口では日本のわずか10分の一でありながら、イノベーションに優れ多くのユニコーン企業を生み出し、発信力があり、また一人当たりGDPでは日本をはるかに上回る豊かな福祉国家であることは皆の知るところです。そんなスウェーデンの国会議員はいくら議員報酬を貰っていて、どんな生活をしているのでしょう。北欧5か国の中でもGDPは一番大きいスウェーデンですが、その国会議員の報酬は北欧中最低だということを知っていましたか?地方議会の議員に至ってはほとんどの議員に報酬はありません。国会議員の宿舎はかわいそうなほど質素で、通勤や移動には公共交通機関を使うのが普通です。それはなぜでしょうか。
 スウェーデンは「閣下」などという敬称を廃止、誰もがシンプルに「あなた」と呼ばれる平等社会な社会です。政治家も同じで、庶民を代表する政治家は庶民感覚が分かる人でなければならなりません。権限のある人は説明責任があり、全ての情報は一般に公開されなければなりません。スウェーデンの民主主義はまさに政治権力の透明性が鍵となっています。そして、それは憲法で保障された世界最古の透明性を確保する法律(情報公開法)によって監視されています。この法律のおかげで、ジャーナリストがあらゆる情報にアクセスでき、国民も情報開示によって権力の監視ができるのです。ただもちろん国民が政治に関心がなければ監視の意味もないのですが、高額の税金を払っているスウェーデンの国民はその使い途にも敏感です。
 民主主義の先進国と言われるスウェーデンの知られざる姿がスウェーデン在住ブラジル人ジャーナリストによってこの本で明らかにされ、徹底した情報公開と国民の政治参加と監視が民主主義の根幹を担っていることがよくわかります。民主主義が揺れている今、この本の著者と一緒に、スウェーデンのような改革は日本でも可能なのか、本物の機能する民主主義には何が必要なのかを考えてみたいと思います。

Claudia WALLIN (クラウディア・ワリン)
 ブラジル人ジャーナリストで、2003年からスウェーデンを拠点にして活動。ロンドンで「TV Globo」のヨーロッパ支局長、「International Herald Tribune TV」のディレクター、「BBC World Service」のプロデューサーを務め、現在も特約記者として寄稿している。

In Sweden, politicians use public transport, earn modest wages, work in humble offices, wash and iron their own clothes and are treated just like everyone else.
Sweden has long been viewed as a beacon for democratic government and progressive social policies. In this witty and insightful book, journalist and writer Claudia Wallin takes a fascinating look at the Swedish model of government, its commitment to transparency and openness, and its deep-seated aversion to politicians, judges and public servants enjoying any special privileges or advantages.
Welcome to the Swedish reality of members of Parliament commuting by bus, living in 16-square-meters studio apartments in the capital and working from 10-square-metre offices. No one in public life earns an obscene multiple-digit salary. At the local level, Swedish councillors are not even paid, nor do they have the right to an office - they work from home.
Politicians who dare pay for a taxi ride with taxpayers’ money, instead of riding the train, end up on news headlines. And in some cases, are forced to step down.
Without official cars or private drivers, Swedish politicians travel in crowded buses and trains, just like the citizens they represent. Without any right to parliamentary immunity, they can be tried like any other citizen. With no private secretaries at the door or private bathrooms and breakfast bars, their bare-bones parliamentary offices are spartan and tiny like a public clerk's office.

Claudia Wallin also focuses on how the triple pillars of the Swedish system – transparency (Sweden has the world’s oldest transparency law), social equality and a well-educated population - combine to create a high degree of social trust. In virtually every area of public life, incidences of corruption or profiting from public office are relatively rare and, when transgressions occur, politicians and officials are swiftly brought to account, aided by an ever-vigilant media.
Not even celebrities are immune. Under suspicion of tax fraud, the legendary Swedish filmmaker Ingmar Bergman was once arrested inside a theatre and taken to a police station.
In little over 100 years, Sweden has transformed itself from an impoverished, agricultural society into one of the wealthiest, most socially just and least corrupt countries in the world, where nobody is above anybody else. The Swedish experience demonstrates perhaps more than any other how change is possible.
Sweden - The Untold Story is a best-seller in Brazil, where it was originally published.

CLAUDIA WALLIN is a Brazilian journalist and author based in Sweden since 2003. Prior to moving to Stockholm, she worked for ten years in London as the bureau chief of TV Globo in Europe, director at International Herald Tribune TV and producer at the BBC World Service, for whom she still contributes as a permanent stringer correspondent. She holds a bachelor´s degree in Journalism from the Federal University of Rio de Janeiro (UFRJ), a masters degree in Russian and Eastern European Studies from the University of Birmingham in the United Kingdom, where she held a Chevening Foreign and Commonwealth Office scholarship, and a certificate in Swedish language from the University of Stockholm.

「ある国に長く住めば住むほど、その国のことを深く理解することができる」というのはごく当たり前のことです。しかしだからといって、短い期間の滞在で得た知見が取るに足らないもの、と考えるのは誤りです。
 日本から初めて北欧を訪れた時の驚きや感動は、その時にしか味わうことのできない、かけがえのないものがあります。今回の研究講座では、今夏に初めて北欧諸国を訪れ、様々な体験をしてきた大学生たちが登壇し、彼らが何を学んできたかを報告していただきます。

● 日時 2019年10月31日(木)18:00 - 20:00 (開場 17:30)
● 場所 スウェーデン大使館1階ノーベルオーディトリウム
● 報告者 明治大学国際日本学部鈴木ゼミ学生、東洋大学国際学部藪長ゼミ学生、特定非営利法人アイセック・ジャパンEducation for Dreamプロジェクト参加学生
● 参加料 研究所会員は無料 一般 1,500円、学生 1,000円(当日受付にて)

[English page is here.]

今回は、スウェーデンにおいて日本に対する考え方がこの50年間でどのように変わっていったかを、スウェーデンの高名な知日派ジャーナリストの1人である、モニカ・ブラウさんにお話しいただきます。1969年にジャーナリストとして初めて来日し、日刊紙スベンスカ・ダグブラーデットの東京特派員として活躍したモニカさんは、広島・長崎の原爆についてのアメリカの検閲についての論文で、日本史の博士号を修得しました。彼女は、その他の日本に関する多くの著作を発表し、スウェーデンにおいて日本に関する知識を広めた努力が評価され、旭日章を授与されています。

※講演は英語で行い、適宜通訳をいたします。
※本講座は、一般社団法人スウェーデン社会研究所とストックホルム商科大学欧州日本研究所の共同イベントとして実施します。

● 日時 2019年10月3日(木)18:00 - 20:00 (開場 17:30)
● 場所 スウェーデン大使館1階ノーベルオーディトリウム
● 参加料 研究所会員は無料 一般 1,500円、学生 1,000円(当日受付にて)
● お申込みは、以下のフォームよりお願いいたします。

[日本語のページはこちらです。]

Monica Braw, who is one of the most prestigeous journalists focusing on Japan in Sweden, will describe how the idea of Japan has changed in Sweden for the last 50 years through her work. She came as a journalist to Japan for the first time in 1969. She is the former Tokyo correspondent for Svenska Dagbladet. She has a Ph.D. in Japanese history with a dissertation about American censorship of the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki. She has also written many books about Japan. She has been honored with The Order of the Rising Sun for her efforts to spread knowledge about Japan in Sweden.

*The seminar runs in English, though supplemented with Japanese interpretaion.
*The seminar is co-organized by Japan Institute of Scandinavian Studies and European Institute of Japanese Studies at Stockholm School of Economics.

Date: Thursday 3 October 2019, 18:00 - 20:00 (Open 17:30)
Venue: The Swedish Embassy in Tokyo (Nobel Auditorium)
Fee: Free for JISS members; Adult JPY 1,500, Student JPY 1,000 for non-members
Fill in the form for registration

今回は、スウェーデンのウメオ市で外科医をされている日本人の石川久美先生に、スウェーデンの医療現場における職場環境、とりわけ子育てとの両立についてのお話をしていただきます。
以下、石川先生のコメントです。
「日本では、益々労働環境の改善の必要性が強くなっています。医療現場でも例外ではありません。特に、子育て世代や親の介護の必要な方々にとっては、喫緊の課題です。今回は、スウェーデンの医療職場環境において、子育て世代が如何に働きながら子育てを行っているのか、スウェーデンと日本両国での経験を交えながらお伝えしたいと思います。」
多くの方のご参加をお待ちしております。

● 講師 石川久美氏
● 日時 2019年7月23日(火) 午後6時~8時(5時半開場)
● 場所 スウェーデン大使館1階ノーベルオーディトリウム
● 参加料 研究所会員は無料 一般 1,500円、学生 1,000円(当日受付にて)

● お申込みは、以下のフォームよりお願いいたします。