コンテンツへスキップ

今回は、かつて本研究所の環境教育担当研究員としてもご活躍され、スウェーデンに戻られた現在も、北欧のサステナビリティへの取り組みについて精力的な情報発信を続けていらっしゃるレーナ・リンダル(Lena Lindahl)さんに、風力発電の開発、電気自動車電池の工場設置、過疎対策、インフラ整備など、スウェーデン北部におけるサステナビリティへの取り組みの現状についてお話しいただきます。

● 講師 レーナ・リンダル(Lena Lindahl)氏
● 日時 2021年9月30日(木)20:00 - 21:00
● 開催場所 オンライン(Zoomミーティング)
● 参加費 会員は無料。非会員は、一般1,500円、学生1,000円。非会員の方は、こちらからお申し込みください。
● なお、会員の方には、研究講座を録画したビデオを後ほどご視聴いただくこともできます。ご入会ご希望の方は、新規会員募集よりお申し込みください。
※当日の機器や通信状況によっては、配信に障害が発生することもございます。その場合には講演録画の配信等、代替措置を取らせていただくことがございます旨、予めご了解くださいますようお願い申し上げます。

電気バスが走り蜂が飛ぶ-スウェーデンは気候中立に向かっている

1.新たにエコになった電動バス

スウェーデンのいくつかの都市では、排気ガスを放出しない電動バスの運用を開始した。電動バスとは、電気のみで走り、エネルギーを貯蔵するバッテリーを備えるバスのことである。再生可能電力を公共交通機関で利用することは、大気の質を改善し、住民に対する騒音を減らし、環境への負荷を減らすのに役立つ。

これらの理由はスウェーデンの電動バスへの移行を進める原動力となっている。ヨーテボリは2015年に電動バス路線を開始し、電動バスを早期に導入した。2021年には同市でおよそ150もの新しい電動バスの運用が始まった。ノールテリエ(Norrtälje)は全てのバスを電動にする取り組みを2018年に開始した。そして北部の町ピーテオ(Piteå)でも2021年に電動バスの導入を開始する計画がなされている。

Aerial view of lots of buses parked close together.

ヨーテボリの電気バス Photo: Jesper Wiberg

2.世界で最も高い木造建築の1つ

北部の町シェレフテオ(Skellefteå)はサーラ文化センター(Sara Cultural Centre)という普通でない新しい建物を建設しようとしている。この建物は完全に木で作られ、80メートルにも及ぶ世界で最も高い木造建築の1つになる。サーラ(Sara)という名前は有名なスウェーデンの作家であるサーラ・リドマン(Sara Lidma)から発想を得たもので、同センターは2021年秋の開業を予定している。

スウェーデンは真の森林の国である。事実、スウェーデンの3分の2は森林であり、木造建築の大きな可能性を秘めている。木材は再生可能・再利用可能な資源であるため、木造建築は持続可能性の観点からも完全に理にかなっている。20階建てのサーラ文化センターは、全ての木材が地元で調達されているので、輸送を不要とし、二酸化炭素排出量の減少にも役立っている。

スウェーデン全土では、2045年までにカーボンニュートラルを達成するという全体的な目標の取り組みの一環として、より多くの木造高層ビルが建設されている。

Sara Cultural Centre under construction. One photo with a towering building and a crane, one close-up of wooden walls.

木造のサーラ文化センターは、シェレフテオの町の景色を支配している。Photos (collage): Martinsons/ Jonas Westling

3.都市農業によるサステナビリティ

スウェーデンで食べられている野菜の半分以上は輸入品である。おそらくそれが都市農業の人気がますます高まっている理由の1つである。しょう。これは農業を消費者へ近づけることなのだ。

1921年に発足した市民農園協会(Koloniträdgårdsförbundet)は、スウェーデンで最も古い市民運動の一つであり、現在は持続可能な食品消費行動に焦点を当てている。会員は全国の市民農園を利用できる。都市に緑地を持つことの最大の利点の一つは生物多様性の増加であり、市民農園の様々な作物のもとで様々な生物が繁殖している。

垂直農法の人気も伸びている(ダジャレです)。グロンスカ(Grönska)はストックホルム郊外を拠点にしている食品技術のスタートアップで、屋内でハーブや野菜を栽培し、高い棚に植物をつり上げている。その利点は、食物を消費者に近づけながら、土地と水をあまり使用せず、1年を通して生産できることである。

Shelves with green plants.

グロンスカによる垂直農業 Photo: Claudio Britos

4.フードバンク

スウェーデン人の食品廃棄物は年間およそ130万トンである。フードバンクは食品の再配分によって食品廃棄物の削減を進める、つまりレストランやスーパーマーケットからの食品の寄付を、困窮している人々に受け渡すものである。

スウェーデンの都市ミッション慈善団体(stadsmissioner)は、いくつかのフードバンクを国内の各地で運営している。ストックホルムではマートミッションネン(Matmissionen)を運営しており、食品を割引価格で販売している。ヨーテボリでは、草の根の活動団体であるソリダリティ・フリッジ(Solidarity Fridge)がボランティアの「フードセーバー」たちから寄付された食品を市内の冷蔵庫のネットワークに配達し、人々がそこから無料で入手できるようにしている。この活動はヨーテボリ近郊の町アルビカ(Arvika)にも広がっている。

A dairy fridge in the Matmissionen supermarket.

「我々の乳製品は賞味期限切れが近いものが多いが、パンケーキの材料にすれば変わらず美味しい。」マートミッションネンの冷蔵庫 Photo: Anna Z Ek

5.都市に蜂の力を!

スウェーデンの都市部では養蜂ブームが起きている。ビー・アーバン(Bee Urban) などのいくつかのスウェーデン企業が、都市部の生態系や生物多様性の保全に寄与することを目的として、蜂の巣箱を保有する機会を自治体、企業、個人に提供している。ミツバチは蜂蜜を作るだけでなく、私たちが口にする作物の3分の1の受粉に関わっている。しかしながら蜂たちは気候変動、現代の農業活動、生物多様性の破壊によって絶滅の危険に瀕している。そこで今、都市部の庭や建物の屋上に蜂の巣箱を設置し、蜂に優しい環境づくりが進められているのである。

ヨーテボリにある人気レストランのアッパーハウス(Upper House)は地上83メートルの場所に小さな屋上庭園を所有し、そこにエコ認証された蜂の巣箱を設置している。このレストランは、都市の健全な生態系の維持に寄与しながら、そのミツバチが作った蜂蜜を食材として提供している。

養蜂ブームはスウェーデンの蜂(Svenka Bin)という新たな団体の設立も促した。同団体は、どれだけ蜂が私たちの都市に必要かという知識や認識を広げる活動を行っている。

Bees in a beehive.

たまには蜂の好きにさせよう(Let it bee)Photo: Simon Paulin/ imagebank.sweden.se

6.温暖化防止に貢献するシェアと思いやり

南部の都市マルメにあるセーゲ公園(Sege Park)は、持続可能で環境に優しい都市開発の新たなモデルとなっている。ここでは、安価な住まいの提供と地域におけるシェア経済の構築とを組み合わせている。住民たちが物やサービスを共有しやすくなることで、所有するものを減らしつつ、より多くのものを利用できるようにする、というのが、このシェア経済の考え方である。

木造の駐車場もこの計画の一部に含まれている。車の駐車スペースだけでなく駐輪場もあり、住人が自転車の修理を行う「自転車キッチン」や、車や自転車をシェアする「移動手段プール」が設けられる予定である。

セーゲ公園プロジェクトの将来的な構想は、都市の中心地に近い緑の多い地域に新しい静穏なコミュニティーを作り、そこでは再生可能エネルギーを用いて二酸化炭素排出が無い地域を作るというものである。この古い病院のある公園地域は、改築や新築によっておよそ1,000件の新たな家を構える予定である。同プロジェクトはCEEQUALという根拠に基づく国際的なサステナビリティ評価システムにマルメ地域で初めて認証されたものである。

Illustration showing the vision for Sege Park: lots of green, people walking and children playing.

セーゲ公園の再開発構想 Illustration: Tyrens

Aerial view of the city Malmö, with Sege Park in the middle.

マルメ市の航空写真。前方に再開発前のセーゲ公園、後方に高層タワーのターニング・トルソ(Turning Torso)とエーレスンド(Öresund)橋が見える。Photo: Perry Nordeng

7.カンを見せよう

スウェーデンでは使用済みペットボトルや、アルミ缶の84%がリサイクルされている。誰でもペットボトルやアルミ缶を購入すると必ずデポジットを払わなければならないが、このデポジットは、リサイクルすれば戻ってくる仕組みになっている。

リサイクルの仕組みはかなり整備されているように見えるが、まだ改善の余地がある。目標は90%のリサイクルである。

スウェーデンのデポジットシステムは、小売店や飲料メーカーが所有する会社であるレトゥーパック(Returpack)が運営している。消費者はパントアウトマット(pantautomat)というスーパーなどに設置されている回収機にペットボトルや缶を入れる。消費者は多くの場合、デポジットを取り戻すか、その分をチャリティーに寄付するかを選ぶことができる。リサイクルされたボトルや缶はノルチェピング(Norrköping)市の回収拠点に運ばれ、リサイクルされて新たなボトルや缶に生まれ変わる。

この持続可能なリサイクルの仕組みはヨーロッパの中で最も古い施策の一つである。スウェーデンでは、消費を目的とした全ての飲料ボトルや缶は市場に出る前に、認可されたリサイクルシステムの中に組み込まれることが法律で義務付けられている。

Drink cans pressed together for recycling.

新たな命が吹き込まれるのを待つ古いカンたち。Photo: Crelle Fotograf

8.走行中に充電できるスマート道路

スウェーデンのゴットランド(Gotland)島では、電気トラックやバスが走行中に充電できる世界初のワイヤレス電気道路が開通した。これはヴィスビー(Visby)空港と市内中心部を結ぶ短い道路で、電動歯ブラシの充電器の働きと同様に、電磁場を利用した誘導によって電気自動車に電力が伝えられる。

スウェーデンの気候に関する目標の1つは、国内交通機関からの排出量を、2030年までに2010年と比べて少なくとも70%削減することである。その一環として、スウェーデン運輸庁(Trafikverket)は、2030年までに国内で最も交通量の多い2,000kmの道路を電化する計画を託されている。

この目標を達成するために、スウェーデン国内のさまざまな場所で電気道路の実験が行われている。ストックホルム・アーランダ(Arlanda)空港近くの道路では、2017年から車道に設置された電気レールで貨物車を充電している。またすでに2016年には、スウェーデンの都市イエブレ(Gävle)とサンドビーケン(Sandviken)を結ぶ高速道路で、公道上の世界初の電気道路区間が開通している。この電気道路は架空電力線を使用し、トラックには路面電車のようにパンタグラフが搭載されていた。このプロジェクトは2020年に終了した。
*国内航空は、EUの排出権取引制度(EU Emissions Trading System)に含まれるため、ここでは取り上げない。

Left: workers installing a rail in a road. Right: An electric lorry driving on the rail.

ストックホルム郊外のイーロード(e-road)プロジェクトでは、道路に敷設された線路から電気トラックに電気を供給している。Photo: (collage): eRoad Arlanda

9.太陽電池式の水素充填ステーション

2019年、スウェーデンのマリエスタッド(Mariestad)という町に、世界初のオフグリッドの(=送電網につながっておらず自給自足の)太陽光発電による水素製造・充填ステーションが一般公開された。このステーションは、近くの太陽電池設置場からの太陽エネルギーのみで100%稼働している。

この太陽エネルギーを利用して、電力網のバックアップ電源として使用可能な排出ガスのない水素ガスを製造することで、太陽光発電によるエネルギーを四六時中供給することができる。この水素ガスは、自動車、トラック、電車そして将来的には飛行機の燃料としても利用可能である。

このように、水素は、電気自動車が使用する高価なリチウム電池を必要とせず、化石燃料も不使用の、競争力ある輸送用燃料源となる可能性がある。

Aerial view of the town of Mariestad.

マリエスタッドは、よりサステナブルなエネルギーの解決策を見つけるべく積極的に活動している。この町のオフグリッド水素ステーションは世界初の大きな一歩である。Photo: Tuana/ Mariestads kommun

10.廃棄物から地域暖房に

1948年にスウェーデンで最初の地域暖房システムが導入されて以来、家庭の暖房のためのエネルギー効率の高い方法を提供すべく、さまざまな努力がなされてきた。スウェーデンの2番目に大きな都市であるヨーテボリでは、ほとんどのビルや家が地域暖房システムの地下パイプやケーブルのネットワークに接続されている。

電気や石油で各建物を個々に暖房する代わりに、この気候に配慮した廃棄物をエネルギーにする方法は、ゴミを燃やしたり、工業生産やデータセンターから集めた余剰熱などの地域資源を利用して水を温め、システムに接続されているすべての人々に供給するというものである。これにより、システム内の全エネルギーの93%をリサイクルまたは再生可能な資源から調達している。

ヨーテボリ市は、市営のエネルギー会社であるヨーテボリ・エナジー(Göteborg Energi)社を通じて、この効率的な方法を先導している。この方法は、市内のアパートのほか、約12,000軒の個人住宅、多くの産業、オフィス、店舗、公共施設で使用される暖房の90%をカバーしている。

スウェーデンでは、地域暖房が最も一般的な暖房の熱源となっている。ストックホルムでは、暖房の80%が地域暖房による。地域暖房は、コスト削減や二酸化炭素の排出量の削減など、環境面で大きなメリットがある。

A distric heating facility in Gothenburg, a tall and wide tower to the left; a tall and slim tower to the right.

ヨーテボリはシャレを利かせることで有名であり、写真左の60メートルの高い蓄積タンクは「魔法瓶」と呼ばれている。このタンクは地域暖房システムの余剰熱を蓄え、必要に応じて再供給できるようになっており、あたかも魔法瓶で飲み物を保温するようになっている。Photo: Göteborg Energi CC

原資料掲載ページ:https://sweden.se/climate/sustainability/10-ways-to-a-greener-future
翻訳時点の最終更新日 2021年6月1日
翻訳 廣田啓、吉田杏香、雜喉恋子
監修 明治大学国際日本学部教授 鈴木賢志
本稿は在日スウェーデン大使館から許諾をいただき、作成・公表しております。適宜修正することがあります。記載内容によって生じた損害については、一切責任を負いかねます旨、予めご了解ください。写真・図表はSweden.seに掲載されたものをそのまま転載しています。他サイトへのリンクは転載しておりません。

女性と男性が同等の権力と影響力を持つ-それがスウェーデンの目指していることである

権力と影響力

スウェーデン政府は自身を男女同権の政府であると宣言しており、国は男女差別を禁止する法律を制定している。しかし企業の取締役会は男性優位のままである。これらについて、もう少し詳しく見てみよう。

A man and a woman swings a toddler between them in a wintry forest landscape.

Photo: Asaf Kliger/imagebank.sweden.se

スウェーデンのアプローチ

スウェーデンは長きにわたって男女平等を強く推進してきた。スウェーデンにおける基本的な原則は、男女に関わらず全ての人々が労働し自立し、ワークライフバランスを保ち、虐待や暴力の恐怖なく生きる権利を有するというものである。

男女平等というのは、社会の全ての領域に男性と女性を均等に配置することだけを意味するわけではない。それは男女両者の知識や経験を、全ての社会的側面における進歩を促進するために役立てることを保証するという質的な側面に関するものでもある。

「Fワード」の再利用

現在のスウェーデン政府は、自らをフェミニストの政府であると宣言し、外交においてもフェミニスト的な政策に力を入れている。この考え方は国内外で賞賛と批判の両方に直面している。フェミニズムという言葉と、それが意味していることが何かについては、スウェーデンでも議論されているが、多くの諸外国と比べれば、それほど攻撃を受けているわけではない。政府はこの「Fワード」を(従来の使い方ではなく、フェミニストを表す言葉と定義し直して)使用することで、男女平等が社会にとって不可欠であり、それを達成するためにさらに多くのことを行う必要性が高まっていることを強調しようとしている。

そして、政府の大臣22人中11人が女性であるのが、これは偶然ではない。1947年にカリン・コック(Karin Kock)が女性で初めてスウェーデン政府に入閣して以来、目覚ましい進歩を遂げている。現在のスウェーデン議会のほぼ半数が女性である。

Chart showing the share of women in national parliaments in Sweden, the EU and North America, respectively.

ジェンダー主流化

スウェーデン政府は、スウェーデン男女平等庁(Swedish Gender Equality Agency)に対して、政府機関が全ての業務にジェンダーの視点を統合する作業を行うに当たっての支援を命じた。この取り組みは、政府機関におけるジェンダー主流化(Gender Mainstreaming in Government Agencies、GMGA)と呼ばれ、各機関の業務の全ての側面において男女平等を統合することを目標としている。

(今のところ)男性優位の取締役会

他方、企業部門では、スウェーデンにおいても依然として男性が優位に立っている。

スウェーデン統計局による男女平等に関する年2回の報告書の2020年版によると、ストックホルム証券取引所に上場している企業のうち会長が女性なのは10%、取締役会における女性役員の割合は35%となっている。

男女平等な取締役会を迅速に実現する方法として、クォータ制を提案する政治家もいる。

オールブライト財団(Allbright foundation)の「技術屋が自らの神話にハマる(Tech Dudes Caught in Their Own Myth)」という報告書(2020年5月)は、スウェーデンの技術系起業家における男女不平等を批判している。

職場における平等

スウェーデンは女性と男性が職場で確実に平等に扱われるようになるまで、長い道のりを歩んできた。1980年以降、職場での男女差別は違法とされてきた。2009年より、「スウェーデン差別法(The Swedish Discrimination Act)」は雇用者が積極的に男女間の平等性を促進するだけでなく、ハラスメントに対する措置を取ることを求めている。2017年の法律の拡大に伴って、この予防措置には、雇用者の性別、トランスジェンダーのアイデンティティや表現、民族、宗教や他の信条、障がい、性的指向、年齢といった、差別を引き起こすあらゆる要因に関連する嫌がらせを含むようになった。

この法律はまた、育児休業を取得している、または取得する予定の従業員および求職者が、不当に扱われてはならないことも定めている。

差別を受けた場合には、平等権を保護する政府機関であるスウェーデン平等オンブズマン(Swedish Equality Ombudsman, Diskrimineringsombudsmannen)に報告することができる。この「差別」には、従業員の育児休業との関連で雇用者が不当な扱いを行った場合も含んでいる。

ジェンダーギャップ指数(The global gender gap)

毎年、国際組織である世界経済フォーラムが約150カ国の健康、教育、経済、政治における男女の格差をもとにジェンダーギャップ指数をランク付けしている。

スウェーデンは2006年から5位を下回ったことがない。ジェンダーギャップ報告書によると、世界の労働市場はジェンダー平等には程遠い。世界的に見て、15歳から64歳の男性のうち約78%が労働力として働いているが、女性ではわずか55%である。2020年版の報告書(世界経済フォーラム、2019年12月)のタイトルは「100年のギャップに注意せよ(Mind the 100 Year Gap)」という身を引き締めさせるものであった。

Chart showing the pay gap between men and women in Sweden 1995–2020

経済的平等

スウェーデンでは長い時間をかけて男女間の経済的平等を大きく進展させた。しかし給料にはまだ格差がある。このことはスウェーデンの男女平等における重大な課題の1つとなっている。

なぜ賃金が平等にならないのか

2020年時点で、スウェーデンの女性の平均月収は男性の90.2%、専門性や業種の違いを考慮しても95.6%である。

男女間の賃金格差は専門性、業種、職位、就業経験、年齢などの違いで起こると言われるが、それらの中には性別との関係が深いように見えるものがある。

スウェーデン差別禁止法は、雇用主と従業員が、給料の平等の実現のために積極的に努力し、また給料を引き上げるべく男女の機会均等を促進すべきであると定めている。

スウェーデン女性ロビー(The Swedish Women’s Lobby、Sveriges Kvinnolobby)は、性別に関わらず全員が平等な給与を得られるように保証する、などの目標を掲げている。2012年には、女性が基本的にフルタイム分の給料を得ていないという表現で差別を明らかにする「全日分の給料を払え(pay all day)運動」を始めた。この運動には女性政治連合、労働組合、女性運動協会が協力している。

要因の1つはパートタイム

スウェーデンでは、女性の3人に1人、男性の10人に1人がパートタイムで働いている。その主な理由はフルタイムの雇用不足であるが、女性ではその次に育児、さらに親族の介護が大きな理由となっている。

女性は子供がいる場合、男性に比べてパートタイムで働く傾向がある。これは女性の積極的なキャリア形成や、賃金の向上を妨げ、年金が少なくなるという問題を引き起こす。育児休業を取った後、10年間をフルタイムの50%で働き、さらに10年間をフルタイムの75%で働いた女性の年金は、全期間をフルタイムで働いた人の年金の71%分にしかならない。

A family setting in a living room, with three children, a mother and a father. Two kids watch something on a laptop. The mother is using her phone.

仕事と家族のバランスは難しい! Photo: Lieselotte van der Meijs/ imagebank.sweden.se

A crowd of workers stand around a car on a factory floor. A woman is gesturing at the engine compartment.

スウェーデンにおける平均賃金の男女格差は縮小を続けている。Photo: Sofia Sabel/ imagebank.sweden.se

Four men with baby strollers walk down the street. Each man has a baby stroller.

男性の子守り? いいえ、育児休業を取得した父親たちです。Photo: Magnus Liam Karlsson/ imagebank.sweden.se

育児休業

スウェーデンの親は、480日の有給の育児休業を取得する権利がある。そのうち90日は、パートナーに譲ることのできない固有の権利である。

仕事と家庭

スウェーデンは仕事と家庭のバランスの点において優れている。2019年、スウェーデンの合計特殊出生率が1.7人であり(EUでは1.5人)、しかし同時に、働く女性の割合がEU内で最も高く78.3%だった。

子どもとキャリアの等式

スウェーデンには、女性と男性が同じ権利と義務を有するという前提で、働く親を支援する家族政策があり、適切なワークライフバランスを確保することが容易になっている。

育児ができる環境はすべての親に保証されており、すべての人が保育園を利用できるようになっている。公立の保育園を、共働きの家庭が利用しやすいように改変・拡張したのは1970年代のことであった。

男性の子守り?

1974年、スウェーデンは世界で初めて、女性のみの出産休業に代えて両親を対象とした育児休業を導入した。これにより、両親は子ども1人につき6カ月間休業できることとなり、それぞれの親がその半分ずつの権利を得た。ただし父親は自分の権利を母親に譲渡することができた。その結果、導入して20年後には、育児休業の90%を母親が取得するという状況になっていた。

そこで1995年にパパの月(pappamånad)を導入し、30日分を父親に留保することとした。これによって、もしも父親が自分の権利を行使しない場合、1カ月分の有給休暇を失うこととなった。このパパの月は2002年に60日、2016年に90日に拡大し、父親のための休業がより多く確保されるようになった。そのおかげで、2020年には、父親は夫婦が取得できる総日数の30%を取得するようになっている。

スウェーデンでは育児休業を取得する父親の数が比較的多く、海外のジャーナリストの興味を引いている。彼らは「ラテ・ダッド(latte dads)」と呼ばれることもある。

買春という犯罪

1999年に制定された買春禁止法は、売春した側を罰することなく性的サービスの購入者を違法とした初めての法律である。
2005年に、この犯罪はスウェーデン刑法典に組み込まれた。

女性に対する男性の暴力

世界の女性の約3人に1人が、しばしば親しい人間関係の中で、肉体的および性的な暴力を経験している。スウェーデンは、女性と女子の権利を守り、強化するために積極的に活動している。

レイプと性的攻撃

レイプに関する各国の統計は、犯罪の定義や登録方法に違いがあるため、比較が難しい。

2018年、スウェーデンは新たな性的同意法を採択した。それまでの法律では、レイプとみなされるのは暴力や脅しがあった場合だったが、この法律では、暴力や脅迫がなかったとしても、明確な同意のない性行為はレイプであるとしている。

またスウェーデンでは、他の国とは異なり、レイプは報告された事件ごとに別個の犯罪として登録される。例えば、ある加害者が同じ被害者を3回レイプし、その3回の事件がすべて報告された場合、3件のレイプ事件が登録されることになる。

被害者に報告の意思があるかどうかも、国によって異なる。

スウェーデンのレイプに関する統計は、スウェーデン犯罪防止国家委員会(Brå)が公表している。

犠牲の多い暴力

ここ数年、スウェーデンでは、女性に対する暴力の報告件数が大幅に増加している。これは、多くの女性が声を上げるようになったという変化によるものでもある。
それでも未だに多くの事件が報告されずにおり、女性に対する暴力が増えたかどうかを判断するのは容易ではない。

2019年、スウェーデンでは18歳以上の女性に対する暴力事件が約29,000件記録された。また、報告された加害者の80%は、女性の知人であった。

スウェーデンでは、1998年に「女性に対する暴力禁止法(Act on Violence against Women)」が施行された。これによって、女性に対する物理的な暴力や性的・心理的なハラスメントの事案が考慮されるようになった。

対話をする男性

グローバル・ガイ・トーク(Global Guy Talk)は、スウェーデンの非営利財団「メイク・イコール(Make Equal)」による活動である。スウェーデンで#killmiddagとして始まったこの活動は、スウェディッシュ・インスティテュート(Swedish Institute)の協力を得て、世界各地に広がっている。そのコンセプトは、男性どうしが集まり、コンプレックスや恋愛、友人関係など、普段あまり話さないことについて話すというものである。このプロジェクトは、男性が自発的に活動することで、より平等な社会に貢献する機会を得ることを目指している。
原資料掲載ページ:https://sweden.se/life/equality/gender-equality
翻訳時点の最終更新日 2021年6月1日
翻訳 米山龍成、織茂杏実、奥村理紗子
監修 明治大学国際日本学部教授 鈴木賢志
本稿は在日スウェーデン大使館から許諾をいただき、作成・公表しております。適宜修正することがあります。記載内容によって生じた損害については、一切責任を負いかねます旨、予めご了解ください。写真・図表はSweden.seに掲載されたものをそのまま転載しています。他サイトへのリンクは転載しておりません。

偉大な精神を持つ人は異なる考え方をする。ノーベル賞は優秀さを祝うものだ。

ノーベル賞は、世界で最も権威のある賞だと言われている。ノーベル賞は「前の年に、人類に最大の利益をもたらした者」に授与される賞である。物理学賞、化学賞、医学/生理学賞、文学賞、平和賞は1901年から、経済学賞は1968年から授与されている。

The Nobel Prize award ceremoni in Stockholm Concert Hall, with Queen Silvia, Prince Daniel, King Carl XVI Gustaf and Crown Princess Victoria seen to the right.

ノーベル賞授賞式 Fredrik Sandberg/TT

アフレッド・ノーベル(Alfred Nobel)記念経済学賞は、1968年にスウェーデンの中央銀行(国立銀行)によって設立された。これは1968年に、スウェーデン中央銀行が銀行の300周年を記念してノーベル財団に贈った寄付をもとに作られた。この賞はノーベル賞と同じ原則に従い、スウェーデン王立科学アカデミーによって授与されている。

発表は10月

ノーベル賞の受賞者は毎年10月の初めに発表される。そして12月10日の「ノーベル・デー」に、スウェーデンの首都ストックホルムとノルウェーの首都オスロで受賞式典が開催される。
これまで受賞した発見には、X線や放射線、ペニシリンなどがある。平和賞の受賞者には、ネルソン・マンデラ(Nelson Mandela)やダライ・ラマ14世(14th Dalai Lama)がいる。文学賞の受賞者は、ガブリエル・ガルシア・マルケス(Gabriel García Márquez)の「百年の孤独(One Hundred Years of Solitude)」やドリス・レッシング(Doris Lessing)の「草は歌っている(The Grass is Singing)」といった作品があり、読者をワクワクさせている。

受賞者の統計

1901年から2020年までの間に、ノーベル賞と経済学賞は57人の女性に授与された。マリー・キュリー(Marie Curie)は女性で2回の受賞歴があり、1903年に物理学賞、1911年に化学賞を受賞した。1909年に文学賞を受賞したスウェーデンのセルマ・ラーゲルレーヴ(Selma Lagerlöf)は女性で初めてノーベル文学賞を受賞した。

これまでで最年長のノーベル賞受賞者は、2019年に97歳で化学賞を受賞したジョン・グッドイナフ(John B. Goodenough)である。

2014年に17歳で平和賞を受賞したマララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)が最年少の受賞者である。

これまで4人の受賞者が強制的に辞退させられた。ドイツ人のリヒャルト・クーン(Germans Richard Kuhn)とアドルフ・ブテナント(Adolf Butenandt)は化学賞の受賞を、ゲルハルト・ドーマク(Gerhard Domagk)は医学・生理学賞の受賞を、アドルフ・ヒトラーによって禁じられた。ボリス・パステルナーク(Boris Pasternak)は、1958年に文学賞を受賞したが、のちにソビエト当局によって辞退させられた。

ヒトラーによって辞退させられた3人のドイツ人はのちに受賞したが、受賞金は受け取らなかった。

2名の辞退者

ジャン・ポール・サルトル(Jean-Paul Sartre)は、従来より全ての公的な賞与を断っており、1964年のノーベル文学賞も辞退した。
レ・ドュク・ト(Lê Ðức Thọ)は1973年にノーベル平和賞を辞退した。この賞は、彼がアメリカ国務長官のヘンリー・キッシンジャーと共にベトナム平和条約の交渉に尽力した事に対してのものであったが、当時のベトナムの現状では平和賞を受け取ることはできないとして断ったのである。

賞の設立者

ノーベル賞はスウェーデンの科学者、エンジニア、発明家、そして起業家でもあるアルフレッド・ノーベルの遺産である。
彼は1833年10月21日にスウェーデンのストックホルムで生まれ、1896年の12月10日にイタリアのサン・レモで亡くなった。
彼が1895年に書いた最後の遺書に、「資産の多くを基金に寄付し、その基金からの利子を年に一度の賞与として分配する」と書いてあり、これを元にノーベル賞が生まれた。
ノーベル自身の発明品としては、ブラストキャップ、ダイナマイト、無煙火薬などがある。彼が世界的に有名になったのは、1881年にスイスのアルプスにあるセント・ゴットハード・トンネル(St. Gotthard Tunnel)が初めてダイナマイトを大規模に使用して作られたことがきっかけである。
死亡時に、ノーベルは様々な国に355の特許を保有していた。彼は20カ国以上に会社を持ち、約90の工場でその特許に基づきあらゆる爆薬が製造されていた。ノーベルはスウェーデン、ロシア、フランス、イギリス、ドイツ、イタリアなど、多くの国々で生活していた。

A painting of a man by a window.

エステルマン(E Österman)によるアルフレッド・ノーベルの死後に描かれた肖像画 Copyright © The Novel Foundation

A black-and-white photo of a pile of dynamite.

ノーベルはダイナマイトを自分の商売にした。Copyright © The Novel Foundation

A bust of Alfred Nobel in front of a wall of flowers.

アルフレッド・ノーベルはノーベル賞を通じて生きている。Copyright © Nobel Media AB 2016. Photo: Pi Frisk

Two hands holding a glass bottle with an old label and some dark fluid inside.

ノーベルの研究所にあったいくつかの古いボトルは保存されている。© Nobel Prize Outreach. Photo: Dan Lepp

A black-and-white photo of an old-looking laboratory.
「私が働いている場所が私の家であり、私はどこでも働いている」とノーベルは言った。これはイタリアのサンレモの研究所である。Photo: Image provided by the Novel Foundation

ノーベル財団

1900年にノーベル賞を授与する4つの機関がアルフレッド・ノーベルの意思に基づく民間機関であるノーベル財団の設立に同意した。ノーベル財団は、当時の通貨で3,100万クローナ、現在では46億クローナ(約600億円)以上となったノーベルの資産を管理し、公的な発表や授賞式の運営を行なっている。

ノーベル賞を授与する機関は4つある。
① スウェーデン王立科学アカデミー(Royal Swedish Academy of Sciences)
物理学賞、化学賞、経済学賞を授与。
②スウェーデン・アカデミー(Swedish Academy)
文学賞を授与。
③カロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)ノーベル委員会
医学・生理学賞を授与。
④ノルウェーノーベル委員会
平和賞を授与。唯一ノルウェーにある機関で、ノルウェー議会によって任命された5人の議員で構成されている。

各ノーベル賞の賞金は、現在1,000万クローナである。各賞最大3人までが受賞でき、受賞者が複数の場合、賞金は受賞者の間で按分される。

ノーベル晩餐会
毎年12月10日のノーベル賞授賞式に続いてストックホルム市庁舎で晩餐会が開かれるのが伝統になっている。晩餐会には、約1,300人のゲストが招待される。

 

年表

ノーベル賞は、1901年から2020年までに603回の授与が行われ、962の人と組織が受賞した。

1901年
ヴィルヘルム・コンラッド・レントゲン(Wilhelm Conrad Röntgen)が✕線の発見により、初めてのノーベル物理学賞を受賞した。

1903年
マリー・キュリー(Marie Curie)が放射線の研究で女性初の物理学賞を共同受賞。彼女は1911年にも新元素ラジウムの発見によって化学賞を受賞している。

1905年
オーストリアの伯爵令嬢で作家のベルタ・フォン・スットナー(Bertha von Suttner)がドイツとオーストリアでの平和主義運動を評価され、女性初の平和賞を受賞。彼女は生前ノーベルと親交があり、平和賞の創設を促した人物として知られている。

1912年
スウェーデンの投資家で発明家のグスタフ・ダレンがAGA灯台の発明によって物理学賞を受賞。AGA灯台は以前のものよりガスの消費を90%の抑えることができた。

1914年〜1918年
第一次世界大戦により授与数が減少した。この間の唯一の平和賞は、負傷した兵士や捕虜、その家族を治療したとして赤十字国際委員会(International Committee of the Red Cross)が1917年に受賞した。赤十字国際委員会は、1944年、1963年にも平和賞を受賞している。1963年は赤十字社連盟(League of Red Cross Societies)との共同受賞であった。

1922年
アルバート・アインシュタイン(Albert Einstein)が理論物理学賞の研究・光学効果の法則の発見によって物理学賞を受賞。アインシュタインは1921年に受賞の知らせを受けていたが、実際の受賞は1922年であった(訳注 これにはアインシュタインがユダヤ人であったことも含め、アインシュタインの相対性理論の科学的有用性に対する批判が背景にあった)。

1939年〜1945年
第二次世界大戦のため、いくつかの賞が平時のように授与できなかった。

1945年
アレクサンダー・フレミング(Alexander Fleming)がペニシリンの発見によって医学・生理学賞を受賞。ペニシリンは20世紀後半に数百万人の命を救った。

1952年
セルマン・アブラハム・ワクスマン(Selman Abraham Waksman)が結核に効く初めての抗生物質であるストレプトマイシンを発見し、医学・生理学賞を受賞した。

1968年
経済学賞が新たに創設された。

1975年
腫瘍ウイルスと細胞の遺伝物質との相互作用に関する発見によりデビッド・ボルティモア(David Baltimore)、レナート・ドゥルベッコ(Renato Dulbecco)、ハワード・マーティン・テミン(Howard Martin Temin)が医学・生理学賞を共同受賞した。

1983年
アメリカ人のバーバラ・マクリントック(Barbara McClintock)は可動遺伝因子を発見したことによりノーベル生理学・医学賞を受賞した。

1993年
トニ・モリソン(Toni Morrison)が文学賞を受賞。スウェーデンアカデミーは「洞察力と詩的要素に性格付けられた彼の小説は、アメリカの現実の重要な側面に活気を与える」と述べている。

2004年
アーロン・チカノーバー(Aaron Ciechanover)、アブラム・ハーシュコ(Avram Hershko)、アーウィン・ローズ(Irwin Rose)は、ユビキチン介在性のたんぱく質分解を発見したことにより、化学賞を共同受賞した。

2010年
イギリスのロバートG.エドワーズ(Robert G. Edwards)が体外受精の開発により生理学賞・医学賞を受賞した。

2011年
スウェーデンの詩人であるトーマス・トランストマー(Tomas Tranströmer)が文学賞を受賞した。スウェーデンアカデミーは「彼は、濃縮された半透明のイメージを通じて、現実への新鮮な入り口を与えた」ことを受賞理由として述べている。

2018年
文学賞の授賞がなかった。当時危機の只中にあったスウェーデンアカデミーは、その年に賞を授与しなかった理由として、審査員の減員と国民の信頼の低下を挙げた。ただし2019年に、ペーター・ハントケ(Peter Handke)に授賞するのと並行して、オルガ・トカルチュク(Olga Tokarczuk)に2018年の文学賞を授与すると発表した。

2019年
エチオピアと隣の国のエリトリアの国境紛争の解決のために努力したとして、エチオピアの首相アビィ・アハメド・アリ(Abiy Ahmed Ali)に平和賞を授与した。この賞は、エチオピアと北アフリカ、東アフリカ地域で、平和と和解のために働いているすべての関係者に光を当てることも意図されていた。

他にも、マーティン・ルーサー・キング(Martin Luther King、1964年)、マザー・テレサ(Mother Teresa、1979年)、バラク・オバマ(Barack Obama、2009年)らが平和賞を受賞している。

2020年の受賞者
化学賞:フランスのエマニュエル・シャルパンティエ(Emmanuelle Charpentier)と、アメリカのジェニファー・A・ダウドナ(Jennifer A. Doudna)がゲノムの編集方法の開発によって受賞した。

文学賞:アメリカのルイーズ・グリュック(Louise Glück)が受賞した。その理由は、彼女の詩が「厳格で美しさを伴いながら、個人の存在を普遍的なものにする明白な詩的な声」であると評価されたことによる。

平和賞:国連世界食糧計画(WPF)が平和賞を受賞。「飢餓と戦う努力、紛争の影響がある地域に対して、平和のために状況を改善するための貢献、また、飢餓を戦争や紛争の武器として使用することを防止する原動力としての役割を果たした」ことが授賞理由である。

物理学賞:イギリスのロジャー・ペンローズ(Roger Penrose)、 ドイツのラインハルト・ゲンツェル(Reinhard Genzel)、アメリカのアンドレア・ゲズ(Andrea Ghez)が受賞。ブラックホールの構造が、相対性理論を強固に予測するものであるという発見をしたことによる。

医学・生理学賞:アメリカのハーベイ・J・アルター(Harvey J. Alter)、イギリスのマイケル・ホートン(Michael Houghton)、アメリカのチャールズ・M・ライス(Charles M. Rice)が受賞。 C型肝炎ウイルスの発見による。

経済学賞:アメリカのポール・R・ミルグロム(Paul R. Milgrom)とロバート・B・ウィルソン(Robert B. Wilson)が、オークション理論の改良と、新たなオークション形式を開発したとして受賞。

原資料掲載ページ:https://sweden.se/work-business/study-research/the-swedish-nobel-prize
翻訳時点の最終更新日 2021年6月1日
翻訳 若槻英里香、馬田萌水
監修 明治大学国際日本学部教授 鈴木賢志
本稿は在日スウェーデン大使館から許諾をいただき、作成・公表しております。適宜修正することがあります。記載内容によって生じた損害については、一切責任を負いかねます旨、予めご了解ください。写真・図表はSweden.seに掲載されたものをそのまま転載しています。他サイトへのリンクは転載しておりません。

スウェーデンは廃棄物ゼロの社会を目指している。これはリサイクルからリユースへのステップアップを意味する。

A father and his daughter in a kitchen by a drawer with recycling.

リサイクルは楽しい。Photo: Margareta Bloom Sandebäck/imagebank.sweden.se

早朝、31歳のダニエル・シルバーステイン(Daniel Silberstein)はアパートの物置に自転車を取りに行く。しかしその前にまず、空き箱と包装部分を共同地下室のコンテナに分別する。これは、彼も含めたスウェーデン人達が、1年間で、1人当たりリサイクルしている2トン分のごみの、ほんの一部である。

「リサイクルは非常に機械的に行います。基本的にゴミをどこに分類するかというのは自動的に行うことです。それは私たちが日々行う「消費」の一部に過ぎません。」とシルバーステインは言う。彼は妻と娘のチャーリーとストックホルムの中心部に住んでいる。

「リサイクルをするのは、娘が将来、どんな環境で生活していくのかを考えているから、というのが大きいです。私は1990年代に子ども時代を過ごしたので、私たちにとってリサイクルは異常なことではありません。しかしきっと、チャーリーの世代には、もっと先へ進んでいるでしょう。すでに彼女は空き箱をリサイクルのコンテナへ入れるのを楽しみにしているのですから。」

2025年の食品廃棄物の目標

スウェーデン政府は、食品廃棄物を2020年から2025年にかけて重量ベースで20%削減することを目標としている。

リサイクルを超えて

今日の問題は、多くの必要不可欠な製品の廃棄が難しいということだ。全てのものが何らかの形で再利用されるように保証しようとする新しい運動は、着実に支持を集めている。

循環経済とは、完全に再利用できる製品を利用する、つまり「ゆりかごからゆりかごまで」というアプローチである。2018年にスウェーデン政府は循環経済を政府の政策の柱の1つとすべく、循環経済のための代表委員会(Delegationen för cirkulär ekonomi)という特別諮問委員会を設置した。

行動を変える

この動きの最前線には、ストックホルムの活発なデザインシーンから飛び出したスタートアップ企業の存在がある。「Beteendelabbet(行動研究室)」は、サステナブルな生活を実現する為の革新的なソリューションを模索している。スウェーデンの工業デザインの蓄積を利用し、ストックホルムの有名なデザインスクールの出身者を採用しているこの会社は、スウェーデン人の生活が今後どのように変化していくかを見据えている。

イダ・ルモアン(Ida Lemoine)はBeteendelabbetの創業者である。「私たちは、正しいことを無理なく出来るようにするサービスが必要だと考えています」と彼女は語る。「私たち自身も消費者として、全ての小物、服や家具、ワークスペースや家までも、シェアしたりリユースしたりできるようにしていく必要があると思います。」

Fashion from forests

素材は変わってゆく。これはボーロース(Borås)大学のスマート・テキスタイルズ(Smart Textiles)が製作した100%紙でできたドレスである。Photo: Anna Sigge/ Smart Textiles/ imagebank.sweden.se

スウェーデンのリサイクル-主なデータ

  • 2020年に、4,839,430トンの家庭廃棄物が処理された。これは1人当たり年間467キロに相当する。
  • 2020年に、家庭用廃棄物の46%がエネルギーに変換された。
  • 2019年に、ボトル・カンの84%がリサイクルされた。政府目標は90%。
  • 包装材の70%がリサイクルされた。

出所: Swedish Waste Management Association, Swedish EPA

修理、リサイクル、研究

2017年にスウェーデン政府は、中古品の修理をより安く行えるよう、税制度を改革した。2020年から、ストックホルムにあるH&Mの客は、いらなくなった洋服を新しい服の素材としてリサイクルできるようになった。これは「ループ」と呼ばれ、衣服から衣服へというシステムの一つである。古い洋服は洗浄されたのち、繊維に細断、紡いで糸にし、それを編むことで新しいファッションに生まれ変わるのだ。

他方、研究者たちは環境負荷の少ない新しい素材の発見に尽力している。

A big glass cube in a room; inside are machines and people.

H&Mの「ループ」は、不要な洋服を新たなファッションに変える。Photo: H&M

リサイクルからのステップアップ

ルモアンは「まず初めに、日常の行動や習慣をどのように変えていけばよいかを考えるのが良いのです」と述べている。彼女とそのチームは「ナッジング(nudging)」という概念を使って、人々の身の回りやライフスタイルに小さな変化を与え、私たちがサステナブルに生きられるようにすることを目指している。

「大きな変化をもたらすために消費者ができることは、肉を食べる量を減らすこと、物を捨てるのをやめること、飛行機に乗るのをやめることの3つです。」と彼女は言う。

パント・システム(The pant system)

スウェーデンでは、アルミ缶は1984年から、ペットボトルは1994年から、リサイクルするとお金が戻ってくるカン・ボトルのデポジット制度を導入している。スウェーデンでは毎年、18億本のボトルやカンがリサイクルされているが、これはパント・システムと呼ばれている。これにちなんで、スウェーデン語には「パンタ」という動詞もある。

A man is holding a small child. Together they push a plastic bottle into a machine,

スウェーデン人はカン・ボトルの8割をリサイクルしている。Photo: Margareta Bloom Sandebäck/ imagebank.sweden.se

汚れ仕事を行う

スウェーデンのリユース革命は、ゴミ処理という文字通りの汚れ仕事をする人々がいなければ実現できない。

スウェーデン廃棄物処理協会(Swedish Waste Management Association)は、モノがより長く、より賢い方法で使用される循環経済への移行を促進している。例えば、市民や消費者が自分の行動を変えるように動機づけ、導いている。さらに人々が自分で必要な分別を行うために必要なインフラの整備も行っている。

気候変動の脅威のが高まりを受けて、スウェーデンでは、バスからアパートの暖房システムに至るまで廃棄物による発電を用いている。ゴミは低炭素焼却炉で燃やし、食品廃棄物は気候変動にやさしいバイオガス燃料の製造に利用されている。

A man is pushing a waste bin toward a truck.

ゴミ収集の電気自動車 Photo: Sofia Sabe/ imagebank.sweden.se

未来に向かって

ダニエル・シルバースタインとチャーリーにとって、未来は家庭から始まっている。

「お友達は路上にゴミをポイ捨てしたらダメだよね」とチャーリーが言い、父親がうなずく。

「いま私たちが化石燃料や埋め立て地を見るような目で、将来の私たちは古いリサイクルのやり方を見るのだろう。そしておそらく全てがおかしく見えることだろう。」

原資料掲載ページ:https://sweden.se/climate/sustainability/recycling-and-beyond
翻訳時点の最終更新日 2021年6月1日
翻訳 坂入圭吾、古瀬遥
監修 明治大学国際日本学部教授 鈴木賢志
本稿は在日スウェーデン大使館から許諾をいただき、作成・公表しております。適宜修正することがあります。記載内容によって生じた損害については、一切責任を負いかねます旨、予めご了解ください。写真・図表はSweden.seに掲載されたものをそのまま転載しています。他サイトへのリンクは転載しておりません。