第363号(2014年3月)
【第154回研究講座 2013年10月29日】「スウェーデンとカール・ラ―ションに魅せられて」翻訳家 宮田 宜子 
【第155回研究講座 2013年11月28日】「スウェーデン国会議員団のみた被災地福島の印象」特定非営利活動法人「元気の素カンパニー以和貴」理事長 植木 秀子
【第156回研究講座 2013年12月18日】「スウェーデン市民はなぜ高負担を受け入れたのか」元駐スウェーデン・ラトビア特命全権大使、元仏教大学特任教授 藤井 威
「スウェーデンのニッポン人」(5)
第363号(2014年3月)

第364号(2014年5月)
【第157回研究講座 2014年1月24日】「最初に日本に来たスウェーデン人は誰か―スウェーデン・日本人物交流史」エリクソン・ジャパン前副社長 Sven Eriksson
【第158回研究講座 2014年2月12日】「日本の若者から見たスウェーデンと日本:比較分析と考察」明治大学国際日本学部 鈴木賢志ゼミ
【第159回研究講座 2014年3月27日】「スウェーデンの環境保護活動の実態― 自転車利用の促進を例として」NGOスウェーデン自然保護協会(SSNC)ストックホルム支部長 Erik Beckman
【第160回研究講座 2014年4月16日】「スウェーデン―高齢者と障害者はどこまで自立出来るか」Sweden Quality Care Emil Ostberg 
スウェーデンのニッポン人(6)
第364号(2014年5月)

第365号(2014年8月)
【第161回研究講座 2014年5月28日】「スウェーデン社会のリーダーシップとは」一般社団法人サステナビリティ・ダイアログ代表理事 牧原 ゆりえ
【第162回研究講座 2014年6月19日】「スウェーデンの危機管理~原発事故への対処」一般社団法人スウェーデン社会研究所代表理事 須永 昌博
【第163回研究講座 2014年7月24日】「スウェーデンの文化活動とスウェーデン大使館の活動」スウェーデン大使館文化広報官 アダム・ベイェ
第365号(2014年8月)

第366号(2014年10月)
【第164回研究講座 2014年8月8日】「俳句が結ぶ日本とスウェーデン」前駐日スウェーデン大使 ラーシュ・ヴァリエ
【第165回研究講座 2014年9月5日】「スウェーデンの障害者就労支援の実情」サムハルCEO Monika Lingegard 
【第166回研究講座 2014年9月22日】「スウェーデンの環境法典と環境裁判所~社会的合意形成のツール」ファルコーヴァ・コンサルティング代表 舟崎 隆之
第366号(2014年10月)

第367号(2015年1月)
【第167回研究講座 2014年10月22日】「スウェーデンの公共放送とマスメディアの役割」スウェーデン国営放送国際ラジオレポーター Ander Ask
【第168回研究講座 2014年11月14日】「スウェーデンの少子化~家族政策と人口学から見たスウェーデン」早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員 谷沢 秀夫
【第169回研究講座 2014年12月18日】「スウェーデン現代詩人――ハリー・マーティンソンの世界」児玉 千晶、毛利 まこ、溝口 園枝、和田 ゆいま
第367号(2015年1月)

第368号(2015年4月)
【第170回研究講座 2015年1月28日】「最近のスウェーデン政治情勢」駐日スウェーデン大使 Magnus Robach 
【第171回研究講座 2015年2月18日】「日本の若者から見たスウェーデンと日本:比較分析と考察」明治大学国際日本学部 鈴木賢志ゼミ
【第172回研究講座 2015年3月26日】「スウェーデンの自然享有権とは何か」Stockholm Representative, The Swedish Nature Conservation Society Erik Beckman 
第368号(2015年4月)

第369号(2015年7月)
【第173回研究講座 2015年4月27日】「スウェーデンにおける生涯学習と市民教育の展開」聖心女子大学文学部教育学科教授(比較教育学 生涯学習論専門) 澤野 由紀子
【第174回研究講座 2015年5月18日】「癌の革命的な治療技術ガンマナイフ:偏見と抵抗勢力と闘ってきた65年」医学博士 山本 昌昭
【第175回研究講座 2015年6月30日】「スウェーデンの障害教育と就職」Sweden Quality Care AB Marketing Manager Emil Ostberg
第369号(2015年7月)

第370号(2015年10月)
【第176回研究講座 2015年7月31日】「カール・ラ―ションを訪ねる長い長い旅」宮田 宜子
【第177回研究講座 2015年8月26日】「なぜ日本の若者の投票率は低いのか――スウェーデンの若者との比較からの示唆」明治大学国際日本学部教授 鈴木 賢志
【第178回研究講座 2015年9月28日】「スウェーデンの制裁制度について」常磐大学人間科学部名誉教授 坂田 仁
第370号(2015年10月)


第353号(2012年2月)
【第123回研究講座 2011年10月13日】「消費者が好きな電力を選べる~スウェーデンの電力市場自由化」ヨーテボリ大学経済学部 研究員 佐藤 吉宗
【第124回研究講座 2011年10月24日】「スウェーデンの市民と原発、そして持続可能な社会のビジョン」持続可能なスウェーデン協会 理事・日本代表 レーナ リンダル
【第126回研究講座 2011年12月28日】「スウェーデンが取組む国際環境協力~バルト海からアジア地域へ」横浜市立大学学術院・国際総合科学群国際環境政策教授 青 正澄
特別寄稿 「国民総幸福の国」元三井物産(株) 瓦林 聖児
スウェーデン留学体験シリーズ アンケートから(5)
第353号(2012年2月)

第354号(2012年5月)
【第127回研究講座 2012年1月9日】「強靭なスウェーデンの国家と社会」在スウェーデン日本国特命全権大使 渡邊 芳樹
【第128回研究講座 2012年1月17日】「スウェーデンは原発なしでもやっていける」スウェーデン再生可能エネルギー協会理事・省エネ部会長、スウェーデン自然保護協会会長、スウェーデン反核国民キャンペーン元会長、市民運動家 ヨーラン ブリンツェ博士
【第125回研究講座 共催講演会 2011年11月6日】「2万人の障害者が働くスウェーデン企業サムハルとは」サムハル社会福祉事業団元日本代表、KKプロシード社長 西野 弘
スウェーデン留学体験シリーズ アンケートから(6)
第354号(2012年5月)

第355号(2012年9月)
【第129回研究講座 2012年2月1日】「スウェーデンの市民生活と政治」ノルディック出版代表 レグランド 塚口 淑子Ph.D
【第130回研究講座 2012年2月14日】「スウェーデンと日本は何が違うのか~国際比較データによる分析」明治大学国際日本学部 鈴木賢志ゼミ
【第131回研究講座 2012年3月28日】「知っていそうで知らないノーベル賞の話」元住友商事ストックホルム事務所長 北尾 利夫
スウェーデン留学体験シリーズ アンケートから(7)
第355号(2012年9月)

第356号(2012年11月)
【第132回研究講座 2012年4月26日】「被災地市民が見た一筋の光〜持続可能先進国スウェーデン」お茶芽糸クラブ歩歩代表 植木 秀子
【第133回研究講座 2012年5月28日】「スウェーデンにおける介護・福祉機器と技術開発の現状」SIATスウェーデン介護・福祉機器技術研究所研究開発部長 Claes Tjader
【第134回研究講座 2012年6月28日】「ストリンドベリィの女たち-なぜストリンドベリィを演じてきたか」女優・脚本家 毛利 マコ
スウェーデン留学体験シリーズ アンケートから(8)
第356号(2012年11月)

第357号(2013年1月)
【第135回研究講座 2012年7月26日】「文化とはなにか~文化を外交の武器とするスウェーデン」ウップサラ大学神学部大学院生 加々尾 菜摘
【第136回研究講座 2012年7月26日】「この国の形~スウェーデンから学ぶもの」社団法人スウェーデン社会研究所所長 須永 昌博
【第136回研究講座 2012年9月3日】「ブンネ音楽療法による認知症と高齢者ケア」ブンネ音楽療法創始者 Sten Bunne
スウェーデン留学体験シリーズ アンケートから(9)
第357号(2013年1月)

第358号(2013年2月)
【第138回研究講座 2012年10月16日】「スウェーデンのICT―その産業と社会へのインパクト」スウェーデン大使館商務部商務官及び投資部イベントアドバイザー 林 秀樹
【第139回研究講座 2012年11月9日】「スウェーデンの参加型教育―その理念と実践報告」北海道東海大学国際文化学部 川崎一彦教授、川崎ゼミ学生 佐々木友里、藤村一成、山口奈々
【第140回研究講座 2012年11月15日】「スウェーデンデザインと日本文化の融合~私の生死を懸けた闘い」(株)都倉インターナショナル 元代表取締役社長 都倉 亮
スウェーデン留学体験シリーズ アンケートから(最終回)
第358号(2013年2月)

第359号(2013年3月)
【第141回研究講座 2012年12月18日】「二ルスの国の認知症ケア~スウェーデン認知症ケア最前線」市民のための福祉勉強会ホスピタリティ☆プラネット主宰 藤原 瑠美
【第142回研究講座 2013年1月24日】「変容するスウェーデンの高齢者ケア -発展と停滞の間で」東京経済大学現代法学部 西下 彰俊
【共催講演会】「スウェーデンにおける犯罪者処遇の現在~女子処遇を中心に」スウェーデン法務省矯正・保護局ストックホルム管区長 グニッラ・ターナート 主催:東北大学法学研究科GCOE「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」後援:スウェーデン大使館、協力:社団法人スウェーデン社会研究所
「スウェーデンのニッポン人」(1)
第359号(2013年3月)

第360号(2013年6月)
【第143回研究講座 2013年2月14日】「スウェーデンと日本の国民性ー国際比較データによる分析」明治大学国際日本学部 鈴木賢志ゼミ
【第144回研究講座 2013年2月27日】「スウェーデンの英語教育と私の英語教育方法~リズムが基本」Pronunciation Rhythm Control Method 開発者・英語教育者 Julie Sormark
【第145回研究講座 2013年3月26日】「世界の保育モデル―スウェーデンの保育―」元日本女子体育大学教授 水野 恵子
「スウェーデンのニッポン人」(2)
第360号(2013年6月)

第361号(2013年9月)
【第146回研究講座 2013年4月11日】「スウェーデン障害者ケアの特色―私自身の経験から」Swedish Quality Care Emil Ostberg
【第149回研究講座 2013年5月17日】「スウェーデン人と日本人の創造性について」在日スウェーデン大使 Dr. Lars Vargö、東海大学名誉教授 川崎 一彦、イケアジャパン人事本部長 泉川 玲香
【第150回研究講座 2013年6月26日】「40年間日本をスウェーデンに報道して――好奇心から始まって福島まで」ジャーナリスト Monica Braw
「スウェーデンのニッポン人」(3)
第361号(2013年9月)

第362号(2013年12月)
【第151回研究講座 2013年7月29日】「スウェーデンの経済戦略―モノづくりからサービス経済へ」ヨ―テボリ商科大学准教授 Hokuto Richard Nakamura
【第152回研究講座 2013年8月28日】「スウェーデンのガンブロはどのように日本市場を開拓してきたか」ガンブロ日本株式会社代表取締役社長 藤原 武志
【第153回研究講座 2013年9月27日】「スウェーデンにおける、原子力、核燃料、放射性廃棄物の処理の実態と将来計画」(社)スウェーデン社会研究所所長 須永 昌博
「スウェーデンのニッポン人」(4)
第362号(2013年12月)


第346号(2009年3月)
【第80回研究講座 2008年11月28日】「絵本作家エルサ・ベスコーとタント・フリュン(茶色おばさん)の思い出」元駐スウェーデン日本大使夫人 股野 儷子
【第81回研究講座 2008年12月15日】「進化する通信技術と持続可能社会」エリクソン北東アジア・日本エリクソン(株)社長 フレデリック・アラタロ
【第82回研究講座 2009年1月30日】「スウェーデンの高齢者ケアのノウハウと日本での実践」Swedish Quality Care AB所長 ヨアキム・カウト
「私のスウェーデン」JISSスウェーデン語受講者 山口 元子
「イェーテボリを舞台にした『ステフィとネッリの物語』シリーズについて」フリーランス・エディター ライター 塩田 敦士
「学生の議論と主体性を引き出すスウェーデンの大学環境」ウメオ大学国際公衆衛生大学院修士課程 スウェーデン政府奨学生 小林 秀行
JISS所報原稿募集
第346号(2009年3月)

第347号(2009年6月)
【第83回研究講座 2009年2月20日】「現代スウェーデン文学:パール・ラーゲルクヴィストとヴィルヘルム・ムーベリを中心に」東海大学文学部北欧学科専任教授 山下 泰文
【第84回研究講座 2009年3月12日】「スウェーデンの軍隊と防衛政策:その歴史・現在・将来」スウェーデン軍 駐在武官 陸軍中佐 ミカエル・ミニュール
【第85回研究講座 2009年4月23日】「スウェーデン人から見た日本の印象:30年間の滞在を通して」墨絵教師 モデ・グルート、アストラテック日本代表 シェル・グルート
「スウェーデンの大学における試験の実際-科目・学生双方の信頼性認証の鍵」元ウメオ大学国際公衆衛生大学院修士課程 スウェーデン政府奨学金留学生 小林 秀行
社団法人スウェーデン社会研究所 平成20年度理事会・通常総会
JISS所報原稿募集
第347号(2009年6月)

第348号(2009年9月)
【第86回研究講座 2009年5月21日】「Asset Management in Japan: Ten Years Behind Sweden?」(日本のアセット・マネジメントーースウェーデンより10年も遅れている?)Contributing Editor, The Economist Intelligence Unit, Dr. Patricia A Nelson
【第87回研究講座 2009年6月30日】「美しいスウェーデン音楽の紹介と鑑賞」(財)スウェーデン交流センター前事務局長 戸羽 晟
【第88回研究講座 2009年7月21日】スウェーデンの極地からみた気候変動の実態(スウェーデンをトレッキングして感じた地球環境のすぼらしさ)オフィス・イヌイ代表取締役 乾 靖
「フリースタッド国民高等学校で学んで」永尾 敦子
JISS所報原稿募集
第348号(2009年9月)

第349号(2011年2月)
「2011年 年頭所感」理事長 瓦林 聖児
【第94回研究講座 2010年1月28日】「スウェーデンから学ぶこと」スウェーデン社会研究所顧問 原 禮之助
【第104回研究講座 2010年11月29日】「スウェーデンの環境・エネルギー政策:原子力問題の捉え方」環境問題スペシャリスト 小澤 徳太郎
【第105回研究講座 2010年12月16日】「スウェーデンのLGBTの現状とスウェーデン政府の戦略」毎日新聞RT編集部 田嶌 徳弘
スウェーデン留学体験シリーズ アンケートから(1)
社団法人スウェーデン社会研究所 平成21年度理事会・通常総会
JISS所報原稿募集
第349号(2011年2月)

第350号(2011年3月)
【第106回研究講座 2011年1月24日】「日本人の目から見たスカンジナビア料理」マリア・クルバーグ
【特別講座 2011年2月4日】
「愛のほんスピーチ」スウェーデン大使 ステファン・ノレーン
「スウェーデン児童文学賞あれこれ」菱木 晃子
「スウェーデンの絵本『愛のほん、死のほん』を翻訳して」川上 麻衣子
対談「スウェーデンの絵本の世界:愛と性と死」菱木 晃子、川上 麻衣子
【第107回研究講座 2011年2月24日】「スウェーデンのソフトウエア産業の巨人・ビジネスを敏捷化するIFS」ステファン・グスタフソン
スウェーデン留学体験シリーズ アンケートから(2)
JISS所報原稿募集
第350号(2011年3月)

第351号(2011年6月)
【第108回研究講座 2011年4月21日】「スウェーデンの政治・政治家と日本の違い」スウェーデン社会研究所理事長 瓦林 聖児
【第109回研究講座 2011年5月26日】
「スウェーデンの原子力政策の展望」駐日スウェーデン大使 ステファン・ノレーン
「スウェーデンの原子力政策の展望」スウェーデン大使館科学技術参事宮 アンダース・カールソン
映画上映「100000年後の安全」
特別寄稿「スウェーデンと福島原発事故」スウェーデン社会研究所所長 須永 昌博
【第110回研究講座 2011年6月22日】「北欧映画の楽しみ方」渡辺 芳子
スウェーデン留学体験シリーズ アンケートから(3)
JISS所報原稿募集
第351号(2011年6月)

第352号(2011年11月)
【第111回研究講座 2011年7月29日】「スウェーデンの原発と危機管理-東北大震災と地質・地震の不安定性について」スウェーデン・コンサルタント、首都大学倫理委員 田村 恵美子
【第112回研究講座 2011年8月23日】「食品の安全と消費者~スウェーデンと日本の取組みの違い」消費者問題エキスパート マーティン フリッド
【第113回研究講座 2011年9月20日】「原発なしの生活は不可能ではない~スウェーデンからの実証」ワンワールド代表 ペオ エグベリ 
スウェーデン留学体験シリーズ アンケートから(4)
第352号(2011年11月)


第338号(2007年3月)
「スウェーデンとノーマラィゼーシヨンの理念」東京福祉大学社会福祉学部講師 田代 幹康
「スウェーデンの就学前学校に見る『個の尊重』教育の実際」広島大学大学院教育学研究科附属幼年教育研究施設 大野 歩
【第56回研究講座 2006年11月21日】「仕事・パートナー・子供 今を生きるスウェーデンの女性たち」元ストックホルム大学講師 現ノルディック出版 レグランド 塚口 淑子
【第57回研究講座 2006年12月19日】「スウェーデンの環境法典 次世代のためのリスクマネジメント」持続可能なスウェーデン協会日本代表 レナ・リンダール
【第58回研究講座 2007年1月30日】「日本で最初のスウェーデン企業ガデリウスの百年の足跡」ガデリウス株式会社代表取締役社長 ハンス・ポラート
【スウェーデン人の見た日本、日本人の見たスウェーデン】「日本のアートで学んだ日本の心」墨絵画家 モッデ・グルート/「ストックホルム大学留学記」警察捜査通訳 樫原 知子
【随筆コーナー】「スウェーデン夏季プチ留学のおさそい」造形作家 北村 光子
JISS所報原稿募集
第338号(2007年3月)

第339号(2007年6月)
「スウェーデン社会研究所創立40周年に向けて」理事長 瓦林 聖児
【第59回研究講座 2007年2月27日】「織物を通じたスウェーデンとの交流」テキスタイル研究家・織物作家 平津 エミ子
【第60回研究講座 2007年3月19日】「日本で成功する七つの鍵」前イケア・ジャパン(株)社長・現最高顧問 スウェーデン・フード・アンド・フォレストリー(株)社長 トミー・クルベリー
【第61回研究講座 2007年4月24日】「スウェーデンから見た原子力エネルギーと人間の関係」株式会社スタズビック・ジャパン代表取締役 山崎 俊雄
社団法人スウェーデン社会研究所 平成18年度理事会・通常総会
JISS所報原稿募集
第339号(2007年6月)

第340号(2007年9月)
「スウェーデンと日本の安全保障」軍事ジャーナリスト 鍛冶 俊樹
【第62回研究講座 2007年5月30日】「カ口リンスカ医学研究所とがんの研究-日本に滞在して」国立がんセンター予防研究部外来研究員(カロリンスカ研究所) クリスチーナ・パーソン
【第63回研究講座 2007年6月21日】「スウェーデンの児童文学の大いなる遺産~『ニルスのふしぎな旅』を訳して」翻訳家 菱木 晃子
【第64回研究講座 2007年7月27日】「スウェーデンの政治体制-緑の党の役割を中心にして」外務省海外邦人安全課海外安全相談センター室長 中嶋 瑞江
「スウェーデン人が評価した梶原照雄の野鍛冶」
「100年前にスウェーデン婦人が『茶の湯』を著していた 茶室・瑞暉亭の思い出」産業能率大学講師 野崎 俊一
JISS所報原稿募集
第340号(2007年9月)

第341号(2007年12月)
「今なぜスウェーデンか」(社)スウェーデン社会研究所所長 須永 昌博
【第65回研究講座 2007年8月29日】「ヴァイキングから今日のスウェーデン人へ-現代のスウェーデン人になった理由」ブレインプラス合同会社代表 工学博士 ヨハン・パンション
【第66回研究講座 2007年9月20日】「スウェーデンから見た日本-ジャパン・コネクションを探る」国際ジャーナリスト 土野 繁樹
【第67回研究講座 2007年10月23日】「平和構築 スウェーデンの貢献と日本との協力」一橋大学法学研究科客員教授 中満 泉
「ニッケルハルパnyckelharpaに魅せられて」日本ニッケルハルパ協会会長 鎌倉 和子
JISS所報原稿募集
第341号(2007年12月)

第342号(2008年3月)
「働きながら子育て-少子化時代の女性たち…スウェーデンと日本」帝京大学名誉教授 龍円 恵喜二
【第68回研究講座 2007年11月6日】「スウェーデンの刑務所に働いて-監視と更生のバランスの難しさ」スウェーデンシースベリ刑務所刑務官 グニラ・グレン、ルットゲル・グランベルイ
【第69回研究講座 2007年12月17日】「スウェーデンの生渡学習-スウェーデンと日本の最前線から」産業能率大学講師 野崎 俊一
【第70回研究講座 2008年1月29日】「スウェーヂンの医楽業界と日本とのパートナーシップ-新たな展望に向けて」(株)クインタイルズ事業開発部長 ヨハン・ウエストブラッド
「スウェーデン語に教わったこと」スウェーデン社会研究所会員 林 壮行
JISS所報原稿募集
第342号(2008年3月)

第343号(2008年6月)
スウェーデン社会研究所名誉会長松前紀男さんにインタビュー
【第71回研究講座 2008年2月15日】「スウェーデンの犯罪被害弁護人制度と児童弁護人制度」スウェーデン弁護土連合会理事 スウェーデン政府法制化委員弁護士 ギッタ・ハディン=ウィベリ
【第72回研究講座 2008年3月31日】「スウェーデンのODA(政府開発援助)と日本へのヒント」(社)スウェーデン社会研究所所長 須永 昌博
【第73回研究講座 2008年4月23日】「あるスウェーデン女性の自分探しの旅-ルーツは日本人」葛飾区役所外国人生活相談室アドバイザー マリアンヌ・ウィルソン・黒田
社団法人スウェーデン社会研究所 平成19年度理事会・通常総会
JISS所報原稿募集
第343号(2008年6月)

第344号(2008年9月)
【第74回研究講座 2008年5月30日】「スウェーデンの大学教育と研究活動 日本とスウェーデンの学術交流の現状」スウェーデン大使館科学技術参事官 スウェーデン王立工科大学量子物理学教授 アンデーシュ・カールソン
【第75回研究講座 2008年6月30日】「福祉の国の音楽文化-独自の音楽療法と教育システム」日瑞音楽留学基金理事長 加勢 園子
【第76回研究講座 2008年7月25日】「極東への北極航路-スウェーデンのベガ探検隊の明治日本への訪問」ストックホルム大学日本学部主任教授 国際日本文化研究センター外国人研究員 グニラ・リンドベリ=ワダ
「さようならニッポン-ある外交官の思い出」スウェーデン大使館前報道参事官 ヨアキム・ベルイストロム
「スウェーデンの大学院・都市計画講座を受講して」スウェーデン王立工科大学大学院School of Architecture and 8uilt Environment, Urban Planning and Design(留学生) 篠塚 明子
「経済大国中国とその車接投資活動:スウェーデンと日本に影響があるか」スウェーデン国ヴエックショー大学経営学准教授 中村 北斗
JISS所報原稿募集
第344号(2008年9月)

第345号(2008年12月)
【第77回研究講座 2008年8月27日】「ノーベル賞に値する研究とは-カロリンスカ医科大学の学者たちの創造力」前カロリンスカ医科大学助教授 山本 祐二
【第78回研究講座 2008年9月24日】「スウェーデンの野外環境教育と子どもの生きる力」:スウェーデンリンショッピン大学 国立アウトドア環境教育センター所長 アンダース・スツェバンスキー、リンショッピン大学病院小児科医 ニーナ・ネルソン
【第79回研究講座 2008年10月14日】「スウェーデン人の心のふるさと-現代に生きる古謡と民謡」スウェーデン国家認定伝統音楽継承者 レイフ・アルプショー
【特別講座 2008年11月12日】「親を亡くした子どもたち-心のケアとその後のあゆみ」ジャーナリスト、作家、翻訳家 スサン・シュークヴィスト
「スウェーデンへの想い」成田空港事務所航空管制官 大石 和彦
「イェーテボリ国際映画祭から-ポストベルイマンの北欧映画風景」映画評論家 渡辺 芳子
インタビュー 東海大学文学部山下泰文教授に聞く「ヴィルヘルム・ムーベリ作品『この世のときを』について」
JISS所報原稿募集
第345号(2008年12月)


第330号(2005年3月)
「スウェーデン福祉社会のジレンマとフリオール」北海道大学教授 宮本 太郎
「スウェーデンの出生動向と家族政策」東京大学社会科学研究所助教授 永井 暁子
【第33回研究講座 2004年12月21日】「経済体制と企業会計の役割-近代スウェーデンの事例」明治大学情報コミュニケーション学部教授 大野 文子
【第34回研究講座 2005年1月24日】「スウェーデン産業シリーズNo.17 世界一のベアリングメーカーSKFとは」日本エスケイエフ(株)代表取締役 浅野 義樹
【第35回研究講座 2005年2月21日】「一世代以内で持続可能社会構築を目指す国スウェーデンの環境問題への取組み」ワンワールド代表 環境コンサルタント ペオ・エグベリ
【スウェーデン人の見た日本 日本人の見たスウェーデン】「日本は同族志向型社会?」ヨアキム・カウト/「私とスウェーデン」(元)在日スウェーデン大使館商務補佐官 外山 やよい
【北欧留学記】「スウェーデン留学体験記」家具デザイナー 渡辺 吉太
JISS所報原稿募集
第330号(2005年3月)

第331号(2005年6月)
「スウェーデン社会研究所の活動を通して見たスウェーデン人と日本人に関する所感」(社)スウェーデン社会研究所常務理事・所長 須永 昌博
【第36回研究講座 2005年3月17日】「スウェーデン産業シリーズNo.18 スウェーデンと日本の産業技術はどのように発展したか-過去30年間を振り返ってみて」ホーヌマルク株式会社社長 ニルス・ホーヌマルク
【第37回研究講座 2005年4月12日】「とことん考え抜く人間を育てる-北欧の教育・日本の教育」ESAM社教育コンサルタント パルプロ・カッラ/「ラーネット・グローバルスクールの活動について」ラーネットログローバルスクール代表 炭谷 俊樹
【第38回研究講座 2005年5月31日】「スウェーデン産業シリーズNo.19 新技術、ビジネスアイデアを生み出すスウェーデンの環境について」スウェーデン大使館産業担当参事官及び投資部代表 オーケ・ラーソン
社団法人スウェーデン社会研究所 平成16年度理事会・通常総会
第331号(2005年6月)

第332号(2005年9月)
「スウェーデンと日本」(財)企業活力研究所理事長 元JETROストックホルム事務所長 土居 征夫
「スウェーデンの育児環境」織田 紀子
【第39回研究講座 2005年6月29日】「スウェーデン芸術シリーズNo.4 ストリンドペリーをめぐる私の詩想」詩人 白石 かずこ
【第40回研究講座 2005年7月29日】「スウェーデン産業シリーズNo.20 人間工学を核にした機能と美しさを叶えるエルゴノミデザイン」エルゴノミデザインジャパン社長 ダーグ・クリングステット
【スウェーデン人の見た日本 日本人の見たスウェーデン】「インターンシップを通して見た日本の会社生活」チャルマース工科大学 タロー・ムカエ/「企業内に見るスウェーデン人の性格」スウェーデン社会研究所国際部長 芦澤 潤
【随想】「スウェーデンの坊やと湖そして僕の夢」NHKラジオアナウンサー ハンス・カールソン
JISS所報原稿募集
第332号(2005年9月)

第333号(2005年12月)
「スウェーデンの成人教育支援と実態」カルチャーライフ取締役、産能大学講師 野崎 俊一
「スウェーデンの育児環境について-その2」織田 紀子
【第41回研究講座 2005年8月29日】「スウェーデンの生んだガンマナイフががん治療に与えたインパクト」東京女子医科大学脳神経外科助教授 勝目病院水戸ガンマナイフ脳神経外科部長 医学博士 山本 昌昭
【第42回研究講座 2005年9月28日】「スウェーデン産業シリーズNo.21 スカンジナビア航空の目指す快適な空の旅」スカンジナビア航空日本地区総支配人 アーランド・オルセン
【第43回研究講座 2005年10月20日】世界の中のスウェーデン-国際舞台で中立国家スウェーデンはどのようにコミットするか」スウェーデン大使館一等書記官 スベン・オストベリ
【スウェーデン人の見た日本】「プラスチックカードより現金で動く社会日本」スウェーデン大使舘実習生 フレドリック・ハイデンベリ
【随筆コーナー】「日本人に暮らしやすい国スウェーデン」ワレニウスウィルヘルムセン 水野智美
JISS所報原稿募集
第333号(2005年12月)

第334号(2006年3月)
「福祉国家はラクじゃない」帝京大学法学部名誉教授 全国シルバー人材センタ一事業協会・評議員 龍円 恵喜二
「スウェーデンの育児環境-その3 スウェーデンの養子事情」織田 紀子
【第44回研究講座 2005年11月24日】「スウェーデン産業シリーズNo.22 スウェーデン流もの作りの原点-セコツールズ」在日スウェーデン商工会議所会頭 セコツールズ・ジャパン(株)社長 クラス・ハリング
【第45回研究講座 2005年12月20日】「身近に見たノーベル賞」前駐スウェーデン大使内田 富夫
【第46回研究講座 2006年1月27日】「スウェーデン産業シリーズNo.23 スウェーデンの医療・バイオ産業とその研究開発の国際化」スウェーデン大使館科学部ライフサイエンス・バイオ産業オフィサー 田村 恵美子
【スウェーデン人の見た日本 日本人の見たスウェーデン】「札幌とストックホルム」北海道東海大学スウェーデン語講師 川崎ブランク・リレモル/「スウェーデン小見聞」サブテック代表取締役 安田 亀代司
【随筆コーナー】『「追憶の場所」「ミネスト・ルンド」にみるスウェーデン人の死者への思い』(株)日刊現代編集委員 林 壮行
JISS所報原稿募集
第334号(2006年3月)

第335号(2006年6月)
「平成17年度スウェーデン社会研究所の活動を振り返って」(社)スウェーデン社会研究所理事長 瓦林 聖児
【第47回研究講座 2006年2月22日】「二つの文化、ニつの性、そして一つのクラスルーム」東海大学文学部北欧学科講師 ペートラ・リンドバリ
【第48回研究講座 2006年3月31日】「スウェーデンに学ぶ『持続可能な社会』」環境問題スペシャリスト 小津 徳太郎
【第49回研究講座 2006年4月27日】「北欧4ヶ国における気候変動・温室ガス政策の現状」(社)スウェーデン社会研究所所長 須永 昌博
社団法人スウェーデン社会研究所 平成17年度理事会・通常総会
JISS所報原稿募集
第335号(2006年6月)

第336号(2006年9月)
スウェーデン社会研究所・日瑞基金特別講演会「スウェーデンの家族政策と出生率」駐日スウェーデン大使 ミカエル・リンドストローム
【第50回研究講座 2006年5月30日】「私の履歴書スウェーデン・日本そして私」ガルダジャパン株式会社 代表取締役、CEOマッツ・ブルセーウス
【第51回研究講座 2006年6月30日】「出会い/建築/アスプルンド」建築写真家 吉村 行雄
【第52回研究講座 2006年7月19日】「スウェーデンの大学教育、大学生活と研究環境」スウェーデン王立工科大学(KTH)大学院 アンドレアス・ウィス、ルンド大学宗教哲学専攻 リンダ・イリステ
【スウェーデン人の見た日本 日本人の見たスウェーデン】「スウェーデンからのメッセージ」スウェーデン福祉研究所日本代表 グスタフ・ストランデル/「二月のスウェーデン・ファーニチャーフェアで考えたこと」小池 智子
【随筆コーナー】「スウェーデンの裁判官規則あれこれ」会員 坂田 仁
JISS所報原稿募集
第336号(2006年9月)

第337号(2006年12月)
「親子三代スウェーデンの伝統料理を守る『レストランストックホルム』」レストランストックホルム代表取締役 浅木 幸三
「『持続可能なスウェーデン』への長い道のり」慶應義塾大学商学部三年 2005年度スウェーデン・ヨテボリ大学交換留学生 田中 映江
【第53回研究講座 2006年8月24日】「スウェーデンと日本のマスメディアと広報宣伝媒体」ネクストインク(株)スカンジナビアモダン(株)代表取締役 シェル・フォルナンダー
【第54回研究講座 2006年9月25日】「スウェーデンの消費者政策と食品安全問題-日本との違い」日本消費者連盟顧問 NHKワールドネットワークプロデューサー マーチン・フレッド
【第55回研究講座 2006年10月24日】「スウェーデンの教育の現状とそのあり方」遠山真学塾主宰 小笠 毅
【日本人の見たスウェーデン】「スウェーデン人と日本人の発想の違い」独立行政法人都市再生機構 作花 章雄
【随筆コーナー】「スウェーデンで、学んだこと-日本人にとって幸せな社会とはなにか」農業研修生 藤田 暁生
JISS所報原稿募集
第337号(2006年12月)