コンテンツへスキップ

【Sweden.se日本語版】男女平等

女性と男性が同等の権力と影響力を持つ-それがスウェーデンの目指していることである

権力と影響力

スウェーデン政府は自身を男女同権の政府であると宣言しており、国は男女差別を禁止する法律を制定している。しかし企業の取締役会は男性優位のままである。これらについて、もう少し詳しく見てみよう。

A man and a woman swings a toddler between them in a wintry forest landscape.

Photo: Asaf Kliger/imagebank.sweden.se

スウェーデンのアプローチ

スウェーデンは長きにわたって男女平等を強く推進してきた。スウェーデンにおける基本的な原則は、男女に関わらず全ての人々が労働し自立し、ワークライフバランスを保ち、虐待や暴力の恐怖なく生きる権利を有するというものである。

男女平等というのは、社会の全ての領域に男性と女性を均等に配置することだけを意味するわけではない。それは男女両者の知識や経験を、全ての社会的側面における進歩を促進するために役立てることを保証するという質的な側面に関するものでもある。

「Fワード」の再利用

現在のスウェーデン政府は、自らをフェミニストの政府であると宣言し、外交においてもフェミニスト的な政策に力を入れている。この考え方は国内外で賞賛と批判の両方に直面している。フェミニズムという言葉と、それが意味していることが何かについては、スウェーデンでも議論されているが、多くの諸外国と比べれば、それほど攻撃を受けているわけではない。政府はこの「Fワード」を(従来の使い方ではなく、フェミニストを表す言葉と定義し直して)使用することで、男女平等が社会にとって不可欠であり、それを達成するためにさらに多くのことを行う必要性が高まっていることを強調しようとしている。

そして、政府の大臣22人中11人が女性であるのが、これは偶然ではない。1947年にカリン・コック(Karin Kock)が女性で初めてスウェーデン政府に入閣して以来、目覚ましい進歩を遂げている。現在のスウェーデン議会のほぼ半数が女性である。

Chart showing the share of women in national parliaments in Sweden, the EU and North America, respectively.

ジェンダー主流化

スウェーデン政府は、スウェーデン男女平等庁(Swedish Gender Equality Agency)に対して、政府機関が全ての業務にジェンダーの視点を統合する作業を行うに当たっての支援を命じた。この取り組みは、政府機関におけるジェンダー主流化(Gender Mainstreaming in Government Agencies、GMGA)と呼ばれ、各機関の業務の全ての側面において男女平等を統合することを目標としている。

(今のところ)男性優位の取締役会

他方、企業部門では、スウェーデンにおいても依然として男性が優位に立っている。

スウェーデン統計局による男女平等に関する年2回の報告書の2020年版によると、ストックホルム証券取引所に上場している企業のうち会長が女性なのは10%、取締役会における女性役員の割合は35%となっている。

男女平等な取締役会を迅速に実現する方法として、クォータ制を提案する政治家もいる。

オールブライト財団(Allbright foundation)の「技術屋が自らの神話にハマる(Tech Dudes Caught in Their Own Myth)」という報告書(2020年5月)は、スウェーデンの技術系起業家における男女不平等を批判している。

職場における平等

スウェーデンは女性と男性が職場で確実に平等に扱われるようになるまで、長い道のりを歩んできた。1980年以降、職場での男女差別は違法とされてきた。2009年より、「スウェーデン差別法(The Swedish Discrimination Act)」は雇用者が積極的に男女間の平等性を促進するだけでなく、ハラスメントに対する措置を取ることを求めている。2017年の法律の拡大に伴って、この予防措置には、雇用者の性別、トランスジェンダーのアイデンティティや表現、民族、宗教や他の信条、障がい、性的指向、年齢といった、差別を引き起こすあらゆる要因に関連する嫌がらせを含むようになった。

この法律はまた、育児休業を取得している、または取得する予定の従業員および求職者が、不当に扱われてはならないことも定めている。

差別を受けた場合には、平等権を保護する政府機関であるスウェーデン平等オンブズマン(Swedish Equality Ombudsman, Diskrimineringsombudsmannen)に報告することができる。この「差別」には、従業員の育児休業との関連で雇用者が不当な扱いを行った場合も含んでいる。

ジェンダーギャップ指数(The global gender gap)

毎年、国際組織である世界経済フォーラムが約150カ国の健康、教育、経済、政治における男女の格差をもとにジェンダーギャップ指数をランク付けしている。

スウェーデンは2006年から5位を下回ったことがない。ジェンダーギャップ報告書によると、世界の労働市場はジェンダー平等には程遠い。世界的に見て、15歳から64歳の男性のうち約78%が労働力として働いているが、女性ではわずか55%である。2020年版の報告書(世界経済フォーラム、2019年12月)のタイトルは「100年のギャップに注意せよ(Mind the 100 Year Gap)」という身を引き締めさせるものであった。

Chart showing the pay gap between men and women in Sweden 1995–2020

経済的平等

スウェーデンでは長い時間をかけて男女間の経済的平等を大きく進展させた。しかし給料にはまだ格差がある。このことはスウェーデンの男女平等における重大な課題の1つとなっている。

なぜ賃金が平等にならないのか

2020年時点で、スウェーデンの女性の平均月収は男性の90.2%、専門性や業種の違いを考慮しても95.6%である。

男女間の賃金格差は専門性、業種、職位、就業経験、年齢などの違いで起こると言われるが、それらの中には性別との関係が深いように見えるものがある。

スウェーデン差別禁止法は、雇用主と従業員が、給料の平等の実現のために積極的に努力し、また給料を引き上げるべく男女の機会均等を促進すべきであると定めている。

スウェーデン女性ロビー(The Swedish Women’s Lobby、Sveriges Kvinnolobby)は、性別に関わらず全員が平等な給与を得られるように保証する、などの目標を掲げている。2012年には、女性が基本的にフルタイム分の給料を得ていないという表現で差別を明らかにする「全日分の給料を払え(pay all day)運動」を始めた。この運動には女性政治連合、労働組合、女性運動協会が協力している。

要因の1つはパートタイム

スウェーデンでは、女性の3人に1人、男性の10人に1人がパートタイムで働いている。その主な理由はフルタイムの雇用不足であるが、女性ではその次に育児、さらに親族の介護が大きな理由となっている。

女性は子供がいる場合、男性に比べてパートタイムで働く傾向がある。これは女性の積極的なキャリア形成や、賃金の向上を妨げ、年金が少なくなるという問題を引き起こす。育児休業を取った後、10年間をフルタイムの50%で働き、さらに10年間をフルタイムの75%で働いた女性の年金は、全期間をフルタイムで働いた人の年金の71%分にしかならない。

A family setting in a living room, with three children, a mother and a father. Two kids watch something on a laptop. The mother is using her phone.

仕事と家族のバランスは難しい! Photo: Lieselotte van der Meijs/ imagebank.sweden.se

A crowd of workers stand around a car on a factory floor. A woman is gesturing at the engine compartment.

スウェーデンにおける平均賃金の男女格差は縮小を続けている。Photo: Sofia Sabel/ imagebank.sweden.se

Four men with baby strollers walk down the street. Each man has a baby stroller.

男性の子守り? いいえ、育児休業を取得した父親たちです。Photo: Magnus Liam Karlsson/ imagebank.sweden.se

育児休業

スウェーデンの親は、480日の有給の育児休業を取得する権利がある。そのうち90日は、パートナーに譲ることのできない固有の権利である。

仕事と家庭

スウェーデンは仕事と家庭のバランスの点において優れている。2019年、スウェーデンの合計特殊出生率が1.7人であり(EUでは1.5人)、しかし同時に、働く女性の割合がEU内で最も高く78.3%だった。

子どもとキャリアの等式

スウェーデンには、女性と男性が同じ権利と義務を有するという前提で、働く親を支援する家族政策があり、適切なワークライフバランスを確保することが容易になっている。

育児ができる環境はすべての親に保証されており、すべての人が保育園を利用できるようになっている。公立の保育園を、共働きの家庭が利用しやすいように改変・拡張したのは1970年代のことであった。

男性の子守り?

1974年、スウェーデンは世界で初めて、女性のみの出産休業に代えて両親を対象とした育児休業を導入した。これにより、両親は子ども1人につき6カ月間休業できることとなり、それぞれの親がその半分ずつの権利を得た。ただし父親は自分の権利を母親に譲渡することができた。その結果、導入して20年後には、育児休業の90%を母親が取得するという状況になっていた。

そこで1995年にパパの月(pappamånad)を導入し、30日分を父親に留保することとした。これによって、もしも父親が自分の権利を行使しない場合、1カ月分の有給休暇を失うこととなった。このパパの月は2002年に60日、2016年に90日に拡大し、父親のための休業がより多く確保されるようになった。そのおかげで、2020年には、父親は夫婦が取得できる総日数の30%を取得するようになっている。

スウェーデンでは育児休業を取得する父親の数が比較的多く、海外のジャーナリストの興味を引いている。彼らは「ラテ・ダッド(latte dads)」と呼ばれることもある。

買春という犯罪

1999年に制定された買春禁止法は、売春した側を罰することなく性的サービスの購入者を違法とした初めての法律である。
2005年に、この犯罪はスウェーデン刑法典に組み込まれた。

女性に対する男性の暴力

世界の女性の約3人に1人が、しばしば親しい人間関係の中で、肉体的および性的な暴力を経験している。スウェーデンは、女性と女子の権利を守り、強化するために積極的に活動している。

レイプと性的攻撃

レイプに関する各国の統計は、犯罪の定義や登録方法に違いがあるため、比較が難しい。

2018年、スウェーデンは新たな性的同意法を採択した。それまでの法律では、レイプとみなされるのは暴力や脅しがあった場合だったが、この法律では、暴力や脅迫がなかったとしても、明確な同意のない性行為はレイプであるとしている。

またスウェーデンでは、他の国とは異なり、レイプは報告された事件ごとに別個の犯罪として登録される。例えば、ある加害者が同じ被害者を3回レイプし、その3回の事件がすべて報告された場合、3件のレイプ事件が登録されることになる。

被害者に報告の意思があるかどうかも、国によって異なる。

スウェーデンのレイプに関する統計は、スウェーデン犯罪防止国家委員会(Brå)が公表している。

犠牲の多い暴力

ここ数年、スウェーデンでは、女性に対する暴力の報告件数が大幅に増加している。これは、多くの女性が声を上げるようになったという変化によるものでもある。
それでも未だに多くの事件が報告されずにおり、女性に対する暴力が増えたかどうかを判断するのは容易ではない。

2019年、スウェーデンでは18歳以上の女性に対する暴力事件が約29,000件記録された。また、報告された加害者の80%は、女性の知人であった。

スウェーデンでは、1998年に「女性に対する暴力禁止法(Act on Violence against Women)」が施行された。これによって、女性に対する物理的な暴力や性的・心理的なハラスメントの事案が考慮されるようになった。

対話をする男性

グローバル・ガイ・トーク(Global Guy Talk)は、スウェーデンの非営利財団「メイク・イコール(Make Equal)」による活動である。スウェーデンで#killmiddagとして始まったこの活動は、スウェディッシュ・インスティテュート(Swedish Institute)の協力を得て、世界各地に広がっている。そのコンセプトは、男性どうしが集まり、コンプレックスや恋愛、友人関係など、普段あまり話さないことについて話すというものである。このプロジェクトは、男性が自発的に活動することで、より平等な社会に貢献する機会を得ることを目指している。
原資料掲載ページ:https://sweden.se/life/equality/gender-equality
翻訳時点の最終更新日 2021年6月1日
翻訳 米山龍成、織茂杏実、奥村理紗子
監修 明治大学国際日本学部教授 鈴木賢志
本稿は在日スウェーデン大使館から許諾をいただき、作成・公表しております。適宜修正することがあります。記載内容によって生じた損害については、一切責任を負いかねます旨、予めご了解ください。写真・図表はSweden.seに掲載されたものをそのまま転載しています。他サイトへのリンクは転載しておりません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。