コンテンツへスキップ

【Sweden.se日本語版】スウェーデンのサーミ

スウェーデンには、約2万人のサーミが力強い文化を維持している。

サーミの国(Sapmi)は、スカンジナビア半島の北部からロシアのコラ半島にかけて広がっている。本来はさらに広範囲にわたっていたが、サーミの人々は1650年代に農業、続いて林業・鉱業と次第に立ち退きを強いられてきた。

サーミの人口調査は行われていないが、人口は計8万人(スウェーデンに約2万人、ノルウェーに約5万人、フィンランドに約8千人、ロシアに約2千人)と推測されている。

サーミ人は世界の先住民族の一つで、スウェーデンの公式の国家少数民族の一つである。少数民族というステータスは、つまり、その文化や伝統、言語が法律により保護される特別な権利を持つ、ということを意味している。

A newlywed couple - the woman in a white dress, the man in a traditional sami costume - walking across a bridge. Mountains in the background.

サーミの新婚カップル Photo: Håkan Hjort/Johnér Bildbyrå

トナカイに関するデータ

  • スウェーデンには約26万頭のトナカイがいる。
  • スウェーデンのトナカイは半ば飼いならされており、北部の森林や山に生息する。
  • トナカイの燻製肉を表すSuovasという言葉がある。トナカイの肉はミネラルが豊富で非常に低脂肪である。
  • トナカイの乳は甘味があり、溶けたアイスクリームのようである。
  • トナカイの皮は靴や手袋の材料となる。

トナカイ放牧の伝統

もともと狩猟や採集をしていたサーミの人々は、17世紀からトナカイの放牧をするようになった。トナカイは通常、草を食べるために広大な土地を移動するため、サーミ民族は、昔からその群れとともに生活を送っていた。

現代では、家やキャビンを山に常設し、放牧シーズンに備えることが一般的となっている。また、スキーによる伝統的なトナカイ放牧の仕事も、スノーモービルや四輪駆動の自動車、ヘリコプターに代わって久しい。現在トナカイの放牧で生計を立てているのは、スウェーデンのサーミ民族のうち約10%のみで、その多くが観光業、漁業、民芸品、その他の商売で収入を補っている。

放牧の権利を巡る政府との争いや、トナカイ放牧者の法的範囲に関する制限、土地の喪失など、トナカイ放牧には様々な問題があることから、他に収入源を求めざるを得ない人が少なくない。

トナカイ飼育者の放牧の権利と、土地所有者の伐採の権利の間には、歴史的な争いがある。2011年には、最高裁判所がサーミ人の立場を支持し、特定の土地について彼らに共有権を与えた。

「サーミ村」

「サーミ村(samebyサーメビィ)」は、伝統的な形態の村ではなく、特定の地域内における経済・行政を複合的に担う組合のことである。この組合のメンバーには、トナカイの飼育に必要な施設を利用し放牧を行う権利がある。メンバーが釣りや狩りの権利を有する地域もある。これらはトナカイ放牧法というスウェーデンの法律によって規制されている。サーミ村は全部で51あり、最も大きいのはヨックモック(Jokkmokk)のサージ(Sirge)である。
19世紀の終わりにかけて、多くのサーミ人たちは農業とトナカイ放牧の両方を恒常的に行っていた。しかし、20世紀にも悪影響が続くような論争を招く決定が、政府によって引き起こされた。

それが、1928年のトナカイ牧草地法である。この法律により、トナカイの所有とサーミ村への所属は、トナカイ放牧を行う者とその家族に限定された。この新たな制限により、それまでトナカイ放牧と他の農業を両方行ってきた人々は、放牧と農業のいずれかを選ばなくてはならなくなった。

人々が何世代にも渡って他の職業に移り行く中で、サーミの人々は、トナカイを所有していない人でもサーミ村に所属できるよう、政府の規制緩和を目指している。

真実と和解

サーミの人々は、彼らが故郷と呼んでいる土地に設立された国民国家と長期間、交流してきた。こうしたつながりを通して、彼らは、生活様式の変更を余儀なくされることもあった。その歴史は虐待・暴力・人種差別に満ちていた。

2019年、サーミ議会は、真実と和解委員会(truth and reconciliation commission)の設立をスウェーデン政府に要請した。2020年の6月に、サーミは、委員会開催の準備のため、スウェーデン政府から120万クローナ(14万4千ユーロ)を授与された。

[訳注]真実と和解委員会(truth and reconciliation commission)公権力等による人種差別等で、人権侵害等を生じさせた国が、 その過ちを公表し、問題を解決するために作られる委員会。

サーミ議会

サーミの団体の設立によって自治権を求めたサーミの政治的活動は1950年代に始まった。これは1993年のサーミ議会(Sametinget)の設立につながった。サーミ議会は議会と政府機関の2つの役割を果たしている。
サーミ議会には政府機関として約50人の役人がおり、サーミ文化・言語・ 産業に関する課題を日々取り扱っている。これは、スウェーデンの文化省の直轄になっている。

議会は4年ごとに選出される31名の議員から成る。彼らは1年に3回招集される。サーミ語を話し、自らがサーミ社会の一員であるという人は誰でも選挙登録を行い、投票する権利が得られる。

サーミ議会の統計によると、投票のための登録者数は、1993年の最初の選挙以来、毎年増加している。2021年の5月の最新の選挙では、9,220人が投票権を得るための登録をしていた。

自治権の拡大

歴史的に、サーミ議会の全ての政党を団結させてきた政治的な目標は、自治権の拡大である。
2011年にスウェーデンの憲法が改正され、スウェーデンが、サーミの文化的・社会的な生活を保護・発展させるために、サーミの機会を促進させるという政府の義務を確認した。

現在、スウェーデン・フィンランド・ノルウェーのサーミ議会は、先住民としての地位を高め、サーミに関する議題の決定権を強めるために、北欧規模の共同体を作ろうと模索している。ただしこの共同体は北欧諸国の政府にまだ承認されていない。

新たな道と旧い伝統

2010年に、マイノリティとマイノリティ言語法(National Minorities and Minority Languages Act)が履行された。これは、マイノリティであるサーミの言語を保護し、サーミが自らの文化・伝統・言語を大切にする機会を作り出すために、経済的な支援をするというものだ。

これは、サーミへの関心を高め、老人ホームでサーミ語を話すスタッフを増やしたり、初等教育でサーミの歴史を学んだり、学校や他の地方自治体にサーミの標識が設置されるなど、サーミへの関心を高める機会を新たに提供することとなった。

サーミ料理の伝統に対して新たに興味を持つ人が、サーミの人々の間でもサーミでない人々の間でも増えており、さらに国際的な影響を通して、新たなアレンジが登場している。

The Sami flag - red, blue, green and yellow – blowing in the wind.

サーミの旗は、どの国に住んでいるかを問わず、全てのサーミの人々のためのものである。Photo: Silje Bergum Kinsten/norden.org (CC BY-NC-SA 4.0)

A large herd of reindeer being herded by two people on snowmobiles.

サーミのトナカイ産業は、それぞれの季節に応じて出産・印付け・頭数確認・去勢・屠殺を行っている。Photo: Hans-Olof Utsi/imagebank.sweden.se

A woman helping a boy dress. They are both wearing traditional Sami clothing. In the background are two more people.

サーミの人々が着ている伝統のコルトドレスによって、どの地方の出身かを知ることができる。Photo: Lola Akinmade Åkerström/ imagebank.sweden.se

Close-up on two traditional Sami knife. Handmade with a reindeer horn handle decorated with traditional Sami carvings.

柄がトナカイの角の手作りサーミナイフ。伝統的なサーミの彫刻が飾りとなっている。Photo: Jessica Lindgren/imagebank.sweden.se

Benches covered in reindeer hides next to a table set with cups and bowls and a plate with buns. A coffee pot is placed over a campfire. A lavvu tent in the background and you get a glimpse of a lake between the trees.

サーミ・ネイチャー・キャンプは、小規模なグランピング場で、利用者は伝統的なサーミ文化をほんの少し味わうことができる。Photo: Lennart Pittja/Sápmi Nature/imagebank.sweden.se

サーミの旗

1986年に制定されたサーミの旗の色(青、赤、黄、緑)は伝統的なサーミの伝統服に最も共通に見られる色である。円は太陽にちなみ、赤い部分は多くの祈祷師の太鼓に見られるシンボルである。青い半円は月を表す。

サーミには11の旗日があり、その1つである2月6日はサーミ民族の日である。

サーミ語

2000年、サーミ語はスウェーデンの公式マイノリティ言語として認定された。それにより、スウェーデン政府は、バリエーション豊富なサーミ語の保護のために、サーミ議会に、より強い影響力と財源を与えた。サーミ語には、粉雪からみぞれまで、雪を表す異なる表現が300以上あることを想像してほしい。

サーミ語は東部、中央部、南部の主に3つの系統に分かれる。これらはさらに9つの種類に分けられる。これら複数の系統のサーミ語のうち、北部のサーミ語が最も広く使われており、ラップランドに1万7千人のネイティブスピーカー(うち6千人はスウェーデンに居住)が存在する。

サーミ語の書き言葉は、1950年までスウェーデン語のアルファベットと関連づけられることがなかった。当時のサーミ語には、さらに7つの文字があった。これらはスウェーデン語にはない歯擦音で発音するものであった。サーミ語は、ようやく1962年にスウェーデンの学校の教科科目となったが、サーミ語の正書法に関する指導方針は1979年まで刊行されなかった。

教育

現在、スウェーデン北部のヨックモックにあるスウェーデン唯一のサーミ高等学校は、一般的なカリキュラムのほかに、トナカイの飼育、伝統的な料理、民芸品とサーミ語の教育が行われている。

また、スウェーデンには12歳までの学童向けのサーミ学校が何校か存在する。一部の自治体ではサーミの育児ケアも提供されている。それは、サーミ語を守り、若い世代に伝承することに役立っている。

ウメオ(Umeå)大学とウプサラ(Uppsala)大学では、サーミ語のアカデミックコースを受講することができる。ウメオ大学には、ヴァートゥ(Vaartoe)というサーミ研究センターもあり、サーミの文化、言語、歴史、コミュニティの研究やサーミに関する新たな研究に取り組んでいる。

若者もサーミの伝統的な衣装を着る

サーミの遺産に対する誇りは、伝統的な衣装の中に見られることがある。特にコルト(kolt)やガクティ(gákti)と呼ばれるサーミの民族衣装は、仕事用の服が祭り用の衣装に変わったものである。コルトのデザインはさまざまで、地域によって異なる。少なくとも12種類のスタイルがあり、それぞれ男女で異なる。デザインをさらにアレンジして、家族特有のパターンを加えられたものもある。現代のファッションもまたサーミの衣装に影響を与えている。

コルトは、洗礼、葬式、結婚式、堅信式など特別な出来事の際に必ず着用される。一般に、男性用のコルトは女性用より短く、北部よりもサーミ南部の方が長くなる傾向がある。コルトはベルト、レースアップ・シューズ、ショールあるいはビブ、半襟、帽子と共に着用するのが一般的である。アクセサリーが付いた子供のコルトは大人のコルトと同じ形だが、やや小さい。

また、地域によって、装飾も異なる。北部では銀を使っているが、南部とルレ・サーミではビューターの刺繍を使っている。なお、すべて手作りで、非常にカラフルな布に手作りの縁取りを行っている。

サーミの民芸品-デュオージ

トナカイはサーミ文化の大きな部分を占め、日常の食べ物や原材料となっている。サーミでは、学校教育を通して、トナカイに関する知識を代々伝えている。伝統的に、トナカイのすべての部分が保存され、使用されている。例えば、皮と角は靴やナイフを作るための材料として使われ、肉は、そのまま調理するか、さらなる加工品のために使われている。

そして、サーミの民芸品であるデュオージは天然素材を使用し、柔らかく、丸い形をしているものが多い。手触りも良く、機能的であり、また、精巧な飾り付けは、製作者の技術力を示し、家族や文化のデザインを守る上で重要になっている。

多くのサーミ人は、トナカイの放牧を、民芸品や観光に関連する収入で補っている。
サーミの民芸品の質の高さの証明書は、バイヤーが信頼できることと、製作者がその業界内で認知されていることを示している。

新しいスタイルと材料は、サーミの民芸品としての道を切り開き、今日、金属の鍛造、視覚芸術、撮影などの様々な技術が使用されている。

年間行事

  • 2月:ヨックモック・マーケット
  • 2月/3月:ウメオにおけるサーミ・ウィーク
  • 7月:先住民族の国際フェスティバル

音楽、演劇、ダンス

サーミ文化にはヨイク(Yoik)という伝統的な歌の形式がある。これは元来、サーミの宗教と密接に結びついており、ヨーロッパで最も古い音楽の形であった。かつては、異教徒的で、非文化的な活動と見なされ、スウェーデンのルーテル教会によって長い間、禁止されていた。
ヨイクは、深く個人に根ざしており、忘れられないように、しばしば人や動物、景観と結び付けられている。ヨイクは世代を超えて受け継がれており、そのスタイルは原型と変わらない。

現代のサーミ音楽は、ヨイクとロック、ポップ、ヒップホップとの融合が多い。Maxida Märak、Sofia Jannok、Jon Henrik Fjällgrenらが、その代表である。

サーミには、豊富な講談の文化があるが、それは演劇を通じて、新たな視野を広げてきた。キルナ(Kiruna)にあるギロン・サーミ(Giron Sami)劇場(Gironはサーミ語でkirunaを意味する)で、数本の作品が毎年上演されている。

原資料掲載ページ:https://sweden.se/life/people/sami-in-sweden
翻訳時点の最終更新日 2021年6月1日
翻訳 大房勇斗、福田萌乃、張 慶瑞
監修 明治大学国際日本学部教授 鈴木賢志
本稿は在日スウェーデン大使館から許諾をいただき、作成・公表しております。適宜修正することがあります。記載内容によって生じた損害については、一切責任を負いかねます旨、予めご了解ください。写真・図表はSweden.seに掲載されたものをそのまま転載しています。他サイトへのリンクは転載しておりません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。